FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界的大流行の確実性高く=新型インフルで舛添厚労相

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090430-00000096-jij-pol


最下部に紹介する動画は、鳥インフル当時に中国の対応等を報じたニュース番組の動画です。
今回の豚インフルではWHOのマーガレットチャンがよく報道されていますが、彼女の背後には中国の恐ろしい陰謀と隠蔽が実在するのです。

情報を開示しないで、隠蔽する中国。
こんな国を支援していてもいいのでしょうか?
こんな国を大国にのし上げさせてもいいのでしょうか?


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


衆院厚生労働委員会は30日、新型インフルエンザ問題について集中審議を行った。舛添要一厚労相はこの中で、新型インフルエンザが「パンデミック、世界的大流行になる確実性が極めて高くなった」との見通しを示した。
 また、厚労省の上田博三健康局長は、新型インフルエンザに効果があるとされる治療薬のタミフルを既に3380万人分確保し、さらに830万人分を確保する予定と公表。やはり治療薬のリレンザは国で268万人分を備蓄済みで、都道府県でも133万人分を備蓄する予定と明らかにした。 


では動画をどうぞ!(↓)




テーマ : 豚インフルエンザ
ジャンル : ニュース

狂人と反抗期

人には「反抗期」と言うのがある。
しかも、大人になるまでだけでも何度もそれを繰り返してゆき、そして成長してゆくのだ。

特に一番厄介なのは、中高生の頃から始まる「反抗期」である。
親に・教師に・警察に・そして国家に対して反抗する時期だ。

この時期を乗り越えたら、親にも教師にも警察にも国家にも感謝の気持ちを抱けるようになり、
精神的にも本当の大人となれるのだ。

しかし、我が親に対してはその限りで無いのは言うまでも無い、何故なら自分を育ててくれた親の苦労が、身に染みる年代になれば当時の反抗の気持ちも薄らぐのはほぼ万人の成長過程だ。

ところが、中にはこの反抗期が生涯継続する精神未発達とも言える御仁も多数存在する。
体が大人になっても、警察や自衛隊、そして国家と言うものに対して感謝の念を抱けないのは、自分を守ってくれてる存在が大きすぎて、小人物には理解が出来ないのだと確信するのだ。

子供が親に反抗するのは、親の気持ちがわからなかった小人物だったからである。
大人になるにつれて、親の気持ちも あり難さもわかると言うものだ。


今の日本には沢山の反抗期の似非大人が存在している。
邪悪な国から国民生活を守ってくれてる自衛隊を否定してみたり、
凶悪な犯罪者から、市民生活を守ってくれてる警察を敵視してみたりだ・・・。

これで、本当に大人と言えるのだろうか?
僕は絶対にそうは思えない。
まるで、駄々をこねてる幼児のような言動でしかないからである。


国民を守ろうとしてる祖国に対して、常に感謝の気持ちを持ってる心ある人間を「狂ってる」と称する精神障害者も僕は知っている。

何故彼を精神的な障害者と言うのかは、マトモな国民を狂ってると称するのはその本人が狂ってるからではないのかと思うからだ。

狂人に「お前は狂ってるぞ!」と指を指されたら、指を指された人は安堵して良い。
指を指した当人から、精神正常を証明をしてくれてたのだから。。。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

IT製品の強制開示、来年5月から=日本は撤回を要求-中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090430-00000003-jij-int


中国という大泥棒が「世界中の家の鍵の秘密を教えろ!」といってるのも同然だ。

麻生総理だから、反対もしてくれてるが、小沢一郎なら「はいはい♪」と中国の希望に沿ってしまうのだろうな・・・。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


【北京29日時事】中国国家認証認可監督管理委員会は29日、IT(情報技術)製品の情報を企業に強制開示させる制度について、当初予定の今年5月実施から、2010年5月に導入を延期する方針を明らかにした。ただ、日本政府は知的財産権保護の観点から、今後も米欧と歩調を合わせ、制度そのものの撤回を要求する方針だ。
 同制度の対象は政府調達法で定められた範囲としているが、具体的な範囲は不透明。麻生太郎首相は同日、中国の温家宝首相との会談で「中国の政府調達の範囲は広い。貿易の障害になることは避けてほしい」と導入再考を促した。
 中国政府は昨年1月、国内認証の際にメーカーに製品情報を強制的に提出させる制度の対象に、今年5月からITセキュリティー製品13品目を追加すると発表した。 

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

<豚インフル><中国現地レポ>SARS経験から警戒感高まる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000004-rcdc-cn


豚ちゃんのインフルエンザだけど、メキシコの豚の餌の中に中国産の何かが混じってなかったのかな?

世界で一番不潔で危ない国は中国なのだし、中国が全く絡んでない事はどうしても考えられない。
事実そうだったとしても中国はその事実を公表するような国ではない。
まして、中国人のマーガレット・チャンが仕切ってるWHOはその事実をひた隠すのは確かだろうし・・・。

そんな中国人の隠蔽体質が豚インフルエンザの原因解明に大きな障害となるのは言うまでもない



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2009年4月28日、新華社の報道によると、中国国務院常務会議は同日、新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の感染予防策の強化について協議した。温家宝首相は中国への侵入を防ぐよう警戒を怠ってはならないとの指示を出し、胡錦濤国家主席も同日、迅速な対策実施を命じた。メキシコや欧米を中心に感染が拡大する中、中国政府はいち早く万全な体制を整え、国をあげて対策を徹底する。

2003年、中国を中心にSARS(重症急性呼吸器症候群)が大流行した際、中国政府の情報公開の遅れにより感染拡大を招き、国際社会の批判を浴びた。その反省もあってか、今回の豚インフルエンザに対する中国政府の対応は迅速で、早期発見、報告、診断、隔離、治療の流れを徹底し、感染の疑いのある症例は直ちに公表するよう求めている。SARS時に責任を問われ部長が更迭された衛生部も、全国の衛生機関に24時間体制で対応するよう通達を出した。

【その他の写真】

中国国家品質監督検験検疫総局は27日、旅行客及び旅行会社に豚インフルエンザに関する注意事項を発表。流行地域を訪問しインフルエンザのような症状を持つ旅行客は入国検査時に口頭で申告し、うち過去2週間以内に症状を示した者は当局と連絡を取るよう求めている。また、中国各地の空港などではサーモグラフィーを設置し体温の高い旅行客のチェックを行うなど入国検査が強化され、豚インフルエンザの流入防止に努めている。

中国衛生部の報告によると、中国本土では現時点で豚インフルエンザの感染や疑い例は確認されていない。香港では28日、香港衛生防護センターが4人に感染の疑いがあると発表した。香港ではこれまでにも感染の疑いが3件確認されていたが、いずれも豚インフルエンザではないとの検査結果が出ていた。今回、4人に感染の疑いが確認され、現在検査を行っており、近く結果が発表される。

また、豚インフルエンザの発生を受け、中国でも風評被害で豚肉の売り上げが減り、価格が暴落、養豚業者は悲鳴を上げている。中国疾病予防管理センターの専門家は、現在ワクチンがないとはいえ「予防と治療は可能であり、豚インフルエンザは決して恐ろしいものではない」とコメント。適切に処理された食肉は安全であり、肉内部の温度を71度以上に加熱すればウイルスは死滅するとして安心するよう呼びかけた。

2003年にSARS流行を経験している中国では、警戒感がいっそう高まっている。(取材/レコードチャイナ)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

泥酔男「水を飲ませろ」 拒否の運転手殺害-湖北省

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000004-scn-cn


こんな残忍な中国人が、日本にたくさん観光に来てるのは実に恐怖だ。

少なくとも、繁華街の治安は益々悪くなる一方なのは言うまでも無い。

大阪の心斎橋にも、見るからにダサい中国人の団体客がゴロついてるの見ると、背筋が凍る・・・。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



湖北省武漢市内で4月27日午前3時頃(現地時間)、泥酔した男が酔い覚ましの水をタクシー運転手(48歳)に要求したが断られたことに腹を立て刃物で殺害する事件が発生した。男は逃走しており、警察が行方を追っている。4月28日付で楚天都市報が伝えた。

 同紙によると、タクシー運転手の張明橋さんが同僚とともに4月27日午前3時頃に同市内の自動車工場を訪れたところ泥酔状態の男が「水をくれ」と近づいてきた。張さんが断るいなや男が激高。同僚が仲裁に入ると男は長さ約40センチの刃物を取り出した。そこで張さんが2人の間に割って入ったが刺殺されてしまった。

 このあと男は唖然とした表情を浮かべて走って逃げたという。張さんの同僚が車で男を追いかけたが見失ってしまった。男は40歳前後とみられるほか身長は170センチくらいで痩せ型という。警察が男の行方を追っている。(編集担当:麻田雄二)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

<映画「南京!南京!」>虐殺シーン見て大笑い!KYカップルが映画館追い出される―中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000010-rcdc-cn


そもそも、南京事件って朝日新聞と中国共産党の捏造茶番劇なんだし、気楽に見てただけなのでは?

何をするにしても自由の無い国だな・・・この中国という愚劣国家は・・・。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



2009年4月、南京大虐殺を描いた映画「南京!南京!」の公開は、中国国民の愛国心を呼び起こした。子どもたちに愛国主義教育を施すため、子ども連れで映画を見る家庭も少なくないが、そんな配慮をぶちこわしにする事件が起きた。28日、中国新聞網が伝えた。

事件を引き起こしたのはある10代のカップル。入館するや、不作法にも足を組んで座ったかと思うと、スイカのタネをぽりぽりとやっている。さらには映画が虐殺のシーンなど悲惨な場面になっても、コメディとでも思っているのか、場にそぐわない笑い声を上げていた。

【その他の写真】

これに切れたのが後ろに座っていた老人。黙るようにカップルに言うと、そのカップルは振り返って反論した。この態度に他の観客も激怒、映画館から出て行くように言いつけた。空気の読めないカップルたちも事ここにいたって事態に気づいたのか、しばらくしてこっそりと映画館から去っていった。(翻訳・編集/KT)


テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

【中国人民VS官僚】通報者を殺し屋雇って殺害する書記

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000006-scn-cn



中国の役人は共産党の党員だから、少々の事をしても死刑にはならないようだ。
無期懲役でも、数年で娑婆に出てくるのは確かだろう。

まさに、中国は共産党員のためだけにある腐敗国家というわけだ。

こんな中国を支援してる日本の親中の売国奴は実に罪深い限りだ。
心ある日本人として、せめて抗議の意味をこめて中国産や中国製には手を出さないようにするべきでは?


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


杭州市中級法院は23日、打鉄関社区居委会の元書記・陳連栄に対し、無期懲役の刑を言い渡した。なんとこの元書記、自分が経営する企業の違法行為の告発者を殺し屋を雇って殺してしまったのだ(社区は、中国における最小の行政単位で、ひとつの団地レベルの大きさ。打鉄関社区は杭州市最大規模の社区の1つだった)。

 打鉄関社区の書記だった陳連栄は2001年、同社区が共同運営する杭州市新星企業公司の株式51%を取得し、法廷代表人となる。2004年8月には全株式を取得し、同社は陳連栄が所有する私企業となった。住民から同社への不満が出始めたのは、その頃からだった(陳連栄は2007年、同社を約21億円で譲渡している)。

 不満を募らせた住民70人は2005年6月、同社が社区内の緑化用土地を違法占拠していると関係省庁へ連名で通報した。その運動の中心人物が後に殺されることになる沈水根氏だった。彼への報復行為はこの時から始まっている。しかし、沈氏はひるむことなく、違法建築や土地譲渡金の隠ぺいなど同社の違法行為を次々と訴えていった。その度に暴行を受けたり、金を脅し取られたりしていたが、幸い命に別状はなかったという。

 しかし、2008年2月2日、陳連栄が雇った殺し屋に刃物で刺された沈氏は、ついに帰らぬ人となった。

 陳連栄に言い渡された刑は、無期懲役および汚職により得た315万元(約4500万円)の返還と比較的厳しいものだったが、ネットユーザーは異口同音に「こんな奴は死刑が当然」と怒りをあらわにしている。(編集担当:古川則仁)

<中華経済>中国聯通=5月17日から3G携帯電話の試験運用開始へ―中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000003-rcdc-cn



中国製の携帯の電池が爆発して年に何人死ぬのかな?

爆弾を耳に当てて話してるのも同じだ。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2009年4月28日、28日付香港・経済通によると、中国通信大手の中国聯通(チャイナ・ユニコム)が、5月17日から全国55都市を対象に3G(第3世代携帯電話)ネットワークの試験運用を始める見通しが明らかになった。試験が順調に進めば、9月にも正式に同都市群で営業を開始する方針。

中国聯通は09年、600億元を投入して全国282の都市で3Gサービスを展開するための準備に当てる。計画によると、同社は09年上半期(1-6月)に300億元を投じて、全国55都市に3Gネットワークを建設。年末までには残り300億元を投入してネットワークを敷設する。

【その他の写真】

中国工業・情報(信息)化部は今年1月7日、中国移動(チャイナ。モバイル)、中国電信(チャイナ・テレコム)、中国聯通の通信キャリア3社にそれぞれ3Gの営業ライセンスを発給した。発給したライセンスは、中国移動が中国独自の3G規格「TD-SCDMA」、中国聯通が「WCDMA」、中国電信が「CDMA2000」となる。(翻訳・編集/KS)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

<中華経済>1-3月=都市部の可処分所得10%増、伸び鈍化―中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000005-rcdc-cn


北京五輪まで奴隷のように扱われてきた農民工が五輪後に殆どが故郷に帰ったから平均があがっただけだろ?
比較的富裕層の収入も実際は大幅に減少してるそうだ。。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



2009年4月28日、28日付新京報によると、国家統計局が27日発表した中国都市部の09年第1四半期(1-3月)の平均可処分所得は前年同期比10.2%増の4834元(約6万7600円)だった。物価変動を除いた実質伸び率は11.2%と前年同期より縮小した。

すでに発表されたこの期の農村部住民の平均現金収入は8.6%増の1622元(約2万2700円)で、伸び率は都市部と同様、前年同期に比べ鈍化した。

【その他の写真】

国家情報センターの胡少維エコノミストによれば、株安の影響で個人の資産運用益が減少したほか、企業の経営難で雇用情勢が悪化したことが所得の伸び鈍化につながったとみられる。

この期の都市部の消費性支出は1人当たり同8.6%増の3130元(約4万3800円)、実質伸び率は9.6%だった。国民の間で景気不安が強まれば、今後、消費需要が減退する恐れもある。(翻訳・編集/HI)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

「金融危機でぶっそうな国も」中国外務省が注意喚起

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000011-scn-cn


中国に言われたら、その国はマジで凹むだろうな・・。

馬鹿に「馬鹿!」って言われてるようなものだし。。。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


中国外交部(外務省)は4月28日、金融危機の広がりに伴って治安が悪化する国が出始めたとして海外滞在の際は注意するよう求める通知を公式サイト上で発表した。

 同通知は「金融危機の広がりに伴って治安が悪化する国が出始めており、中国国民が傷害や強盗といった事件に遭遇するケースも時々発生するようになった」と説明。その上で「海外の中国国民と関連法人には安全意識を高め自己防衛の気持ちを強くしてもらいたい」とした。(編集担当:麻田雄二)


テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

【中国のアンケ】犯罪者の「公開見せしめ」は必要か否か?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000020-scn-cn


犯罪防止を目的にしての公開処刑だそうだが、中国に限ってはその効果は皆無だろう。

中国人は、古来より他人のものを盗んでも謝罪ひとつしないのが国民性として、今も中国人の遺伝子に深く組み込まれているからだ。

互いに奪い合ってるほうが中国人は精神が安定してるとも言われている。

無理して、普通の人間のようにしなくても中国人は中国人らしく、生きていてほしい。
ただし、そんな中国人を世界に解放せず、中国大陸に押し込めておくべきではあるが・・・。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



中国温州市で容疑者への“公開見せしめ”が行われたと2009年4月27日付の法制日報が伝えた。65名の容疑者中22歳以下が44名を占め、中国では議論の的となっている。

 今回の舞台となったのは温州市の江濱路帆影広場。市内の中心に位置する大きな広場だ。広場中心に設置された特設舞台上に65名の容疑者が一列に整列、警察が各人の容疑読み上げていった。容疑内容は薬物の販売、強盗、人質、スリ等。

 中には90元(日本円にして約630円)を掏った18歳の男性も含まれていたことから「やりすぎではないか。」、「少年の将来に影響がある。」と非難する声もあった。

 温州市では、現在“犯罪撲滅”をスローガンに取締りを強化しており、今年に入って犯罪率は31.3%の減少、3月末までにすでに564名を検挙している。今回の“見せしめ”もまたこの運動の一環として行われたもので、温州市関連部門責任者はこの式の挨拶で「危険分子の威圧が目的であり、犯罪率の低下が効果できる。」と述べている。

 今回の“公開見せしめ”は中国のインターネットユーザーの間でも話題となっており、中国大手サイト新浪(SINA)では、「今回の“見せしめ”はありか?なしか?」との題で大規模なインターネットアンケートが行われている。

 09年4月28日現地時間21:00現在、投票数は5688票。「見せしめに賛成」は過半数を大きく超える62.3%(3545票)。「反対」34.4%(1954票)、「どちらでもない」3.3%(188票)。

 「賛成派」の主な意見は「危険分子、不法分子への影響力が強い。」、「市民の安全を守るためにはこれくらいのことは必要だ。」と一般市民の安全のため、との意見が最も多かった。「反対派」からは「人権損害だ。」、「公正の道を閉ざすことになりかねない。」と容疑者側に立った意見が多かった。(編集担当:吉川智香)



テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

<ナノ>自動車メーカーは中国市場への参入チャンスを逃がした―インド紙

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000006-rcdc-cn

中国に媚びてまで参入する必要は無い。
トヨタなど日本メーカーの末路を思えばいずれ明らかになるだろう。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2009年4月27日、環球時報によると、インド紙エコノミック・タイムズは26日、「インドの自動車メーカーは中国への道を逃した」と題した記事で、各国メーカーが競って参入している数少ない有望市場の1つ中国市場に、インドの自動車メーカーが参入していない状況について紹介した。

記事ではまず、中国市場には現在、タタ・モーターズやマヒンドラ&マヒンドラなどインドの有力自動車メーカーがほとんど参入していないと紹介する。インドメーカーはなぜ中国市場に参入していないのか?この問題に対しては、マヒンドラ&マヒンドラの責任者の意見として「市場参入の基準がインドメーカーにとって厳しいから。ただしあきらめたわけではない」と紹介している。また、あるアナリストは「複雑な中国市場よりも、言葉の障害が少なく、事情を理解している西洋市場のほうが参入しやすいと考えていたから」と指摘する。

【その他の写真】

では、中国市場から完全に閉め出されてしまったのか?この問いに対しては、内部関係者の声として「まず中国製の部品をインド車に採用するなどして中国国内にネットワークを確立する。その後、部品メーカーの設立に着手するなど、投資のチャンスを掴むことによって進出は可能」と紹介している。しかし記事は、「世界で最も魅力ある中国市場でシェアを確保するためには、更なる努力と大きな理想が必要だろう」と、進出が容易ではないと結んでいる。(翻訳・編集/HA)


テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

患者の8割は「環境汚染」が原因?全国に百か所、広がる「癌の村」―中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000030-rcdc-cn


共産国の唯一の利点は、医療費が全く掛からないというところだ。
要するに、人間として最低限の保障を国家が補償してる事にある。
その引き換えに、あらゆる自由を奪われてるのだ。
しかし、今の中国はどうだろう。
社会保障も蔑ろにされて、人権も自由も抑圧されている。
中国の全ての富は中国共産党の幹部党員の親族や一族が牛耳っている。
自由と引き換えに唯一得られてた最低限の安心も、貧民層は全て奪い去られてるのだ。
小生の身近にいてる我が国の社会的地位のある人々は異口同音にこういってる。
「中国経済を発展させる事が中国の人権問題を解する唯一の方法である」と。
果たしてそうだろうか?
中国経済の富は中国共産党員が牛耳ってる以上、中国共産党員は現体制を死守するだろう。
その結果、貧民層の人権は抑圧されるし改善は不可能。
日本経済人のしてる事は、明かに中国人を苦しめてる事になる



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2009年4月27日、中国の時事週刊誌「鳳凰週刊」の記者、●飛(ドン・フェイ=●は登におおざと)氏は「中国に100か所近くある癌の村、途方にくれる数万人の癌患者」と題した記事を発表した。

「癌の村」として紹介されたのは、北京の中心部、天安門から50kmも離れていない夏[執/土]村。村を囲むように流れる「鮑●(=丘におおざと)河」の色は真っ黒で、ひどい悪臭を放つ。近代化が進む北京とはまるで別世界だ。10年前までは約3000人が住んでいたが、今では経済的に引っ越す余裕のない人だけが残された。村ではこの10年で30人が癌か白血病で亡くなっている。

【その他の写真】

中国にはこうした「癌の村」が100か所近くも存在するという。医学界では中国の癌患者の80%は環境汚染が原因と見ているが、汚染と健康被害の因果関係を立証するのは難しいと法律専門家は話す。特に多いのは肺癌と乳腺癌。30年前と比べ、それぞれ465%増と96%増となっている。

医療費の負担も重い。中国衛生部の08年のデータでは、入院患者の医療費は平均5446.5元(約7万6000円)。だが、保険が適用されたのは平均わずか116元(約1600円)のみだ。一人娘を白血病で亡くした馮さんは「汚染のせいで命を奪われて、医療費まで自己負担とは」と途方に暮れている。(翻訳・編集/NN)


テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

「日本公開の実現を望む」、南京大虐殺描く「ジョン・ラーベ」がドイツ映画賞で大勝―ドイツ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000012-rcdc-cn

南京事件の証拠となってる写真は、全てが南京事件とは無関係の捏造写真と言うは科学的に立証されている。
その上に、中国類人猿が嘘吐きと言うのも歴史が物語ってる。

また、中国類人猿が主張する南京事件はそもそも、朝日新聞の捏造記事から出てきたうそ物語なのだ。

中国には何を言っても通じないし、残念ながら日本ではどうしようもない。
だが、反日親中媚中メディアの朝日新聞の購読拒否は出来るし、充分な圧力となるだろう。
あなたの家族・友人・知人が朝日新聞を購読していたら、こう言う理由で購読をやめてくれませんか?と丁重にお話してみましょう。

僕も、事あるごとにいろんな事実をその都度に示して、知人や友人に朝日の購読をやめてもらっています。
心ある日本人の一人一人の行動が日本を動かせると確信してるからです。

中国の捏造プロパガンダ映画を日本で上映させない国にしましょう!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



2009年4月27日、「ドイツのアカデミー賞」と称されるドイツ映画賞(ローラ賞)の授賞式が25日に開催され、7部門にノミネートされていた映画「ジョン・ラーベ」が作品賞など4部門を制覇したと報じられた。作品賞のほかに主演男優賞、美術賞、衣装デザイン賞を受賞した。国内大手ポータル・網易(NETEASE)エンタテインメント版の報道。

「ジョン・ラーベ」(フローリアン・ガレンベルガー監督)は、中・仏・独の合作映画。1937年の旧日本軍による南京攻略戦の際、多くの中国民間人を助けた“南京のシンドラー”ことドイツ人実業家のジョン・ラーベを描いた作品。日本軍将校2人による残虐シーンも盛り込まれ、香川照之をはじめとした日本人俳優も出演している。

【その他の写真】

ガレンベルガー監督は受賞コメントとして、「作品を通じて、南京大虐殺問題における日本側の有益な反省を促せれば。この題材は日本人が非常に敏感にならざるを得ないものだが、日本での公開が実現することを願っている」と述べた。監督は以前に、どの配給会社からも買い手がつかないばかりか、映画を見せることさえ断られ、同作の日本上映を断念せざるを得なかったと語っている。

同作は28日、北京でアジアプレミアが催される。(翻訳・編集/愛玉)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

<南シナ海>中国の漁業監視船に「領土侵犯あれば直ちに駆逐」―マレーシア海軍司令

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000016-rcdc-cn


アロヨ大統領の英断と勇気に心から拍手を送りたい!
中国の横暴に毅然と対抗してる姿は、全世界の心ある指導者の鑑です!

自国の利益の為なら中国の横暴にも目を閉じてる、フランスのバカ大統領・猿誇示や頭の悪い黒人代表のオバマでは中国を益々増長させるだけ。

そう言う態度で中国を甘やかせるから、我々近隣諸国は迷惑するんだ。
日本も、アロヨ大統領を見習って、毅然と領土問題では中国や韓国に対抗するべきである!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2009年4月27日、マレーシアの華字サイト・Kuala Lumpur Security Reviewは、中国が南シナ海に漁業監視船「漁政311」号を派遣した件に絡み、マレーシア海軍司令は「領土侵犯が確認されれば、直ちに駆逐する」と述べたと報じた。中国紙・環球時報が伝えた。

マレーシアと中国は南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島の領有権をめぐり、長い間対立を続けてきた。先月にはアロヨ大統領が一部を自国領とする法案に署名。強く反発した中国はこれに対抗するため、「漁政311」号を派遣した。海軍司令はこれに対し、「中国が主張する自国の水域内で漁船警護をするだけの役割であると信じる」と述べた一方、「万が一、マレーシア領土への侵犯が認められた場合、直ちに海軍艦隊が駆逐する」とする考えも示した。

【その他の写真】

中国外交部の報道官は、南沙諸島および周辺海域について「中国の主権は争う余地がない」と何度も主張している。だが、他国が中国の領土を侵犯したと認められた場合には「中国海軍はそれを防衛する能力を十分に持っている」とも述べている。(翻訳・編集/NN)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

中国】第1四半期輸入食品の1800件が検査不合格

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000119-scn-cn


中国食品への不評への対抗措置なのは火を見るよりも明らか。

過去の史実すら捏造する中国では検査結果の捏造なんて、極当たり前の話なのだろう。

輸入製品が嫌なら食べるな!
その代わり、中国から各国への毒食品も輸出禁止にしてくれよな!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

中国国家質量監督検験検疫総局は26日、09年第1四半期(1-3月)にアメリカ、日本、オーストラリア、ニュージーランド、EU等60の国と地域から輸入した食品のうち、品質検査システムにより検出された不合格商品が1800件近くに上ったと発表した。

 不合格の主な原因は、有害生物・有害微生物汚染の検出、農薬・家畜薬の残留基準超過、重金属及び食品添加物の基準超過、食品ラベルの表示不適格など。これら不合格の輸入食品は、全て税関で処分された。(CNSPHOTO)


テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

「泣き叫ぶ姿、おもしろかった」娘を熱湯風呂に 母と友人逮捕

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000557-san-soci


こんなバカ親が・・・しかもわが腹を痛めて生んだ子供をこのような虐待するとは、言葉に表せないほどの激しい怒りを覚える。

このバカ母と友人の頭が悪いのは容易に想像できる、しかしそこまで性根が曲がり腐りきってるのは誰のセイや責任なんだろうか。

バカ母と友人は弥陀に未成年である。
ならば、この馬鹿の保護者にも大きな責任はあるはずだ。

有名芸能人が公園で全裸になった程度の軽い事件ではない。
マスコミは少しでも心があるのならこのバカ母とその友人、そして二人の家族全員を顔出しで報道するべきだ。

そしてもう一つ付け加えたい。
こんなバカを教育した教育関係者だ。

十中八九は日教組教師の歪んだ教育を受けてたと思われる。
またそうで無くても、日教組の影響を受けたとしか思えないのは普通の心を一般市民の感覚だ。

願わくばこのバカ親と友人を「釜茹での刑」に処して欲しいほどだ。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2歳の長女に熱湯をかけてやけどを負わせたとして、警視庁少年事件課と綾瀬署は、傷害の疑いで、いずれも東京都足立区の無職で母親の少女(19)と友人の少女(19)を逮捕した。同課によると、2人は容疑を認め、「泣き叫ぶ長女の姿がおもしろかった」などと供述。「娘に申し訳ないことをしてしまった」などと反省している。

 同課の調べによると、2人は3月12日午後5時ごろ、自宅マンションで食べさせたシューマイを熱いとはき出した長女の様子を見て、熱湯に入るお笑い芸人の様子を思いだし、長女を熱湯に入れることを計画。熱湯を入れたベビーバスに1分ほど入れ、両足に重症のやけどを負わせた疑いがもたれている。

 同課によると、2人は自転車で長女を病院に連れて行ったが、医師には「ポットの熱湯がかかった」などと説明。しかし、虐待を疑った医師が足立児童相談所に通告し、児相から要請を受けた同課が捜査していた。

 少女にはほかに、8カ月の長男がいるが、今年2月、足首を持って子供を振り回した際にできやすいという頭部外傷で入院しており、同課は少女が長男にも虐待していた疑いがあるとして調べている。


テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

映画「南京!南京!」監督、日本での上映を希望=虐殺と向き合って―中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090426-00000015-rcdc-cn

断固反対!

そんあ捏造映画を情勢するのなら、チャンネル桜の「南京の真実」を全国上映してほしい!
史実に基づいた「南京の真実」では、南京陥落後の南京市民の映像もふんだんに取り入れてある。
実に、感銘する映画だったのは言うまでも無い。

捏造の「南京!南京!」とは根本がちがう!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2009年4月、映画「南京!南京!」の陸川(ルー・チュアン)監督は香港・フェニックステレビの番組「非常道」に出演した。25日、鳳凰網が伝えた。

陸監督は撮影当初、民族的な憎しみを抱いたことを認めたが、その後一部の日本人が何をしたのかを撮影することで事態の解決に役立てるのではないかと考えるようになったという。そして「私の最大の野心は『南京!南京!』を日本で上映すること」であり、同作が日本人に影響を与え、多くの人々が中国にやってきて謝罪することを希望していると話した。

【その他の写真】

「南京!南京!」では戦争を体験し、その罪を反省する日本兵が主要人物の一人となっている。一部では日本の「悪魔」を通常の人間として描いたことに批判が集まっている。陸監督は日本人を悪魔と見なしてしまえば、そのこと自体が免罪符となり、戦争だったのだからと言い逃れさせることになってしまうと指摘する。そして『萩島静夫日記』『東史郎日記』や松岡環氏の聞き取り調査『南京戦 閉ざされた記憶を尋ねて―元兵士102人の証言』などを読めば、当時の日本兵の記述が通常のものだとわかったという。そこで「南京!南京!」には「人間であるあなたがた日本人が動物に劣る行為を行った。そのことに向き合わなければならない」というメッセージを込めたと話している。(翻訳・編集/KT)


テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

【中国ブログ】キリがない!今度は「iPhone」のパクリが登場!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090427-00000163-scn-cn


笑止!

中国人そのものが人間のパクリなのだ!
そもそも嘘が本能の中国人が人間であるはずがない。

おっ!これは失敬した!
獣でも「誠」は、あっただろうに・・・。(^_^.)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


中国では知的財産権の侵害に関する話題には事欠かない。ディズニーキャラクターに見せたと思われるキャラクターのいる遊園地や海外メーカーの車にそっくりな外観を持った中国製自動車など、枚挙に暇が無い。このブログは中国人ブロガーが『山寨(パクリ)』携帯電話に関する話題を綴ったものだが、自らが得たデータまでもネット上で公開するなど知的財産権に関する意識の乏しさを露呈する内容となっている。以下はそのブログより。
---------------------------------------------------------
 山寨(パクリ)の携帯電話を使ったことがあるだろうか?私は使ったことは無いのだが、最近私の友人がアップルの『山寨』携帯電話を購入した。外観は本物のiPhoneと全く同じであり、『山寨』における中国の研究・開発技術には感心するばかりであった。

 友人は街でぶらぶらしているときに『山寨iPhone』を見つけ、購入したそうだが、価格はわずか600元(約8500円)だったという。『山寨iPhone』を見ていると、私も欲しくてたまらなくなってしまった。音質も外観も素晴らしく、手に取った感じは3000元(約4万2000円)もするノキア(NOKIA)の携帯電話に勝るとも劣らないほどであった。

 私の頭から『山寨iPhone』が離れることは無かった。その後、時間があったのでネット上で試しに検索してみると、取り扱っている店舗が山のようにヒットした。価格を見てみると、『山寨iPhone』は大体900元から1200元ほどの間であったが、550元という店舗もあった。さらに探してみると何と458元のものもあるではないか。

 その後、あるショッピングサイトに登録している店舗のなかで、『山寨iPhone』を扱っている店舗を数えてみると何と75店舗もあるではないか。その中で最も安価なのはわずか440元であった。比較してみると驚愕の思いである。

 私は集めたデータはとても貴重だと思ったので、『山寨iPhone』を購入したいと思っている人々のためにデータを加工した上でネット上にて公開した。こうすれば欲しい価格帯や扱っている店舗の比較が容易にでき、最も満足できる店舗を探し出すことが出来るだろう。
--------------------------------------------------------------
(出典:博客創業 意訳編集担当:畠山栄)

*このブログは中国人ブロガーが『山寨(パクリ)』携帯電話に関する話題を綴ったものだが、自らが得たデータまでもネット上で公開するなど知的財産権に関する意識の乏しさを露呈する内容となっている。文章はブログを翻訳したもので、中国の知的財産権に対する現状や意識を紹介する意図であり、『山寨(パクリ)』を推奨するものではありません。



テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

警戒レベル引き上げを再協議=豚インフルで緊急委前倒し-WHO

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090427-00000230-jij-int

ニュースで豚インフルの拡散分布図を見たが、何故中国はゼロなんだ?

WHOの委員長の中国人のマーガレットチャンが中国だけは調査すらさせないからか?

鳥インフルエンザの時も、マーガレット・チャンは中国にだけ実態調査を絶対にさせなかった前科がある。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【ジュネーブ27日時事】世界保健機関(WHO)は27日、メキシコを中心に人への感染が広がっている豚インフルエンザ問題を討議する緊急委員会を同日午後4時(日本時間同日午後11時)からジュネーブの本部で開いた。会合では、新型インフルエンザに対する警戒レベルの引き上げなどを討議する。
 当初は28日に開催を予定していたが、米国内や欧州諸国などにも感染が拡大していることを踏まえ、前倒しすることにしたもようだ。 




テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

アグネス・チャンが貧困に苦しむ西アフリカ・ブルキナファソを視察

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090427-00000028-rcdc-cn

アグネスもこういう運動で収まってたらいいけど、中国の人権問題にまで踏み込んだら、テレサテンのように暗殺されるぞ。

中国が得意とする毒殺では、橋本龍太郎も命を奪われたしな・・・。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2009年4月27日、日本ユニセフ協会大使を務める歌手のアグネス・チャンが、今月訪問した西アフリカ・ブルキナファソ視察から帰国し、都内のユニセフハウスで報告会を行った。アグネス大使は、12回目の海外視察となる。

アグネス・チャンは、4月13日から22日までの10日間、西アフリカに位置するブルキナファソで現地視察を行った。ブルキナファソは、気候変動による降雨量の減少で森林が減り、土地の砂漠化が進んでいる。人口の多くが牧畜や農林業に依存しているため、経済に大きな打撃を与えており、貧困に拍車をかけている。

【その他の写真】

過酷な環境で苦しむ子供たちの様子を、アグネス・チャンは詳細に報告した。現地の生活環境は想像を絶するほど劣悪で、離乳したものの食べるものがないため栄養失調で倒れてゆく幼児や、家畜が群がる水溜りでカフェオレのような色をした泥水を飲む少年、家計を助けるために、灼熱の鉱山で飲まず食わずで1日中働き続ける少女などを目の当たりにしてきたという。

ブルキナファソは西アフリカの中では、政情も安定し比較的平和な国といえる。しかし十分な社会インフラは整っておらず、気候変動における干ばつの影響で、子供たちには十分な水がいき渡らない。こうして不衛生な生活を余儀なくされ、家計を助けるために厳しい労働を強いられ、あげくは栄養失調に陥っているというのが現状だ。

アグネスは「気候変動は単なる環境問題ではなく、経済問題でもあり、政治問題にも通ずる。私たち先進国の使命と責任は重大。私たちが口にしている『エコ』とは、次元が違う問題がそこにはある」と声を大にして訴えた。

※ブルキナファソは、84年に国名をアッパーポルタから改名したサハラ砂漠南の内陸国。人口は約1400万人。北部と西部はマリに接し、南部はコートジボアール、ガーナ、トーゴ、そして、東部は、ベナンとナイジェリアに接している。(文/HYN、編集/愛玉)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

北野誠「励ましに感謝」…最後の番組出演

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000022-sph-ent


マスコミが表明したくも無い事を言ったのは確かだ。
それが何なのか???

中国非難?
それとも、マスコミの報道姿勢への批判?

マスコミによって「闇から闇」に葬り去られた事実だけが残り、いずれは風化して全て何も無かった事に・・・。

闇の仕掛け人とは、まさにマスコミなのか?



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


問題発言が原因で芸能活動を無期限謹慎するタレント・北野誠(50)が27日、レギュラー出演している名古屋・CBCラジオ「ごごイチ」に生出演した。

 この日を最後に、当面芸能活動を自粛する北野は「私、北野誠はきょうの放送をもちまして、お休みさせていただきます。たくさんの皆様から(励ましの)メールいただきまして、ありがとうございます」と締めくくり、同局正面玄関から関係者の男性と無言でタクシーに乗り込み走り去った。

 北野の後任は、同じ松竹芸能の森脇健児(42)。5月11日放送から出演。同じく北野が担当していた「もしも裁判員!」も5月3日放送分から森脇が出演する。

テーマ : なんて事だ??
ジャンル : 政治・経済

【中国のアンケ】中国と交戦の可能性がある国、第1位は?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000024-scn-cn


日印を中心とした中国包囲網の必要性と、実効効果の高さが浮き彫りになった貴重なアンケート結果だ。

中国は広大だが、その分守りに弱い。
四方からイッキに中国に攻めれば簡単に中国は落ちるのは間違いない。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


中国大手サイト新狼網(SINA)で「中国と最も戦争の可能性がある国は?」との題で大規模なインターネットアンケートが実施された。(インド、ベトナム、アメリカ、日本、韓国、フィリピン、ロシア、インドネシア、オーストラリア、モンゴルの10カ国中からの選択制)

 2009年4月27日現地時間午前11時時点での投票数は1万7790票。1位インド26.5%(4812票)、2位日本24%(4263票)、3位ベトナム16.2%(2893票)、4位フィリピン8.2%(1459票)。

 日本と僅差で抜いたインドの理由は、領土問題。中国とインドでは東部、中部、西部合計1700キロメートルに渡る国境問題がある。中国は9.2万平方キロメートルの領土をインドに占領されていると主張している。現在、両国の話合いは平行線を辿っている。「インドは話し合いでも全く歩み寄りを見せず、中国を挑発しているとしか思えない」との意見が最も多かった。

 2位日本の意見もまた、日本海問題や尖閣諸島(中国名:釣魚島)など領土問題に関するものが多かった。しかし、歴史問題に関しては「現在は歴史問題が発端で戦争に発展する可能性は少ない」、「仮に日本が軍国主義に戻った場合、核兵器保有、軍備増強などが急速に行われ戦争に発展する可能性があるが、今の日本政府は軍事に関して一定のコントロールがなされているので、問題はない」と比較的冷静な意見が目立った。

 3位ベトナムに関しては、「かつては中国だった国」との考えがあるようで「たった千年前に中国から独立し、百年前まで中国に属した国だったにも関わらず、その恩恵を忘れている」「中国から多大な援助を受けているのに、なにかにつけて中国に牙を向ける」と感情的な部分からの意見が多かった。

 現在、文化侵略問題で険悪となっている韓国はわずか4.6%であった。理由としては「韓国は中国の足元にも及ばない」「相手にもならない」と軽視した意見が目立った。(編集担当:吉川智香)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

<豚インフル>養豚業者が風評被害を懸念―中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000009-rcdc-cn


既に中国では新型インフルエンザは蔓延してるのかも?

WHOの事務局長の中国類人猿のマーガレット・チャンは中国国内には絶対にWHOの調査を受け入れていないのはその証拠だ。

鳥インフルの時も同様の措置をして世界から非難されていた。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2009年4月27日、人から人へ感染する豚インフルエンザの発生を受け、中国の養豚業者も風評被害で豚肉の売り上げが減り、価格が暴落することを懸念している。中国新聞網が伝えた。

河北省承徳市で養豚場を経営する蘇蕊(スー・ルイ)さんは豚インフルエンザ発生のニュースを知ってから、落ち着かない日々を過ごす。豚肉の価格は今年に入り、急速に下落。今年2月の1kgあたり18元(約254円)から、前年同期比4割減の11.5元(約155円)にまで落ち込んだ。これ以上の価格低下が続けば、経営が成り立たない。

【その他の写真】

今のところ市場では豚インフルエンザの影響と見られる現象は見られないものの、これから夏にかけて需要の低下が見込まれる。蘇さんは経営者でありながら人を雇う余裕もないため、豚の餌やりから雑用まで黙々と身体を動かす日々が続いている。(翻訳・編集/NN)


テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

豚インフル:中国がメキシコ・一部米国産豚肉の輸入禁止

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000054-scn-cn


中国は自国の産物を禁輸にされたら常軌を失って激怒するくせに、他国の産物には平気なの?
身勝手すぎる中国類人猿!

全ての中国産にはメキシコの豚肉よりも恐ろしい猛毒が漏れなく付いてきていますが・・・。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


中国の国家品質監督検験検疫総局と農業部は27日、豚インフルエンザの感染者が出ているメキシコと米国の一部の州からの豚、豚肉製品の輸入を禁止すると発表し、即日実施した。

 米国の輸入禁止対象地域はテキサス、カリフォルニア、カンザスの各州。

 また、これらの地域を対象とした豚・豚肉製品の入境動植物検疫許可証の発行を停止し、すでに発行したものについても取り消す。

 このほか、これらの地域からの郵送品や旅行者が持ち込もうとする対象製品も返送、または廃棄処分とする。(編集担当:恩田有紀)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

中国自動車メーカー3社がリコール、対象1万3549台―中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000119-scn-cn


窓ガラスが緩んで外れる???

子供が作った自動車と思ったよ・・・。
所詮、中国類人猿が作るものってこの程度の代物だ!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2009年4月27日、26日付武漢晩報によると、上海通用汽車(上海GM)、重慶長安福特馬自達汽車(長安フォードマツダ、CFMA)、一汽轎車の中国自動車メーカー3社は27日から一部車種のリコール(回収・無償修理)を実施する。サンルーフに取り付けられたガラスが緩んだり、脱落する恐れがあるためで、対象台数は計1万3549台となる。

対象となるのは、今年2月23日から3月17日に生産された上海GMの「新凱越」9037台、2月16日から3月2日に生産されたCFMAの「福克斯」1973台、「蒙迪欧致勝」1154台、3月9日から3月26日に生産された一汽轎車の「奔騰」1078台などとなる。(翻訳・編集/KS)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

「チベットへの誤解ある」カナダで写真展-中国大使

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000119-scn-cn


嘘吐き中国類人猿の言い分を信じてるのは、フランスのバカ大統領の猿誇示と日本の売国政治家と宦官官僚ぐらいだ。

あ!それと、経団連会長とそのお仲間位かも?

「中国類人猿は嘘吐き!」
コレを頭に叩き込んでいたら、間違いはありません。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


カナダ東部のモントリオールにあるチャイニーズコミュニティ文化センターで4月25日に始まった写真展『チベットの過去と現在』のオープニングセレモニーで中国の蘭立俊大使は「チベットは神秘的で多くの人にとって啓発を与える場所だ。しかしながら実情はほとんど知られていないし、誤解や偏見すらみられる」と述べた。4月27日付で中国国営の新華社通信が伝えた。

 蘭氏は100人以上が出席して開かれたオープニングセレモニーで「チベットに関する真の知識がなければ過去と現在のチベットを理解することは出来ない。ただしこうしたアプローチを通じれば弁証的かつ理性的な観点からチベットの過去と現在を比較することが可能だ」と語った。(編集担当:麻田雄二)


テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

【中国】第1四半期輸入食品の1800件が検査不合格

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000119-scn-cn


中国食品への不評への対抗措置なのは火を見るよりも明らか。

過去の史実すら捏造する中国では検査結果の捏造なんて、極当たり前の話なのだろう。

輸入製品が嫌なら食べるな!
その代わり、中国から各国への毒食品も輸出禁止にしてくれよな!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


中国国家質量監督検験検疫総局は26日、09年第1四半期(1-3月)にアメリカ、日本、オーストラリア、ニュージーランド、EU等60の国と地域から輸入した食品のうち、品質検査システムにより検出された不合格商品が1800件近くに上ったと発表した。

 不合格の主な原因は、有害生物・有害微生物汚染の検出、農薬・家畜薬の残留基準超過、重金属及び食品添加物の基準超過、食品ラベルの表示不適格など。これら不合格の輸入食品は、全て税関で処分された。(CNSPHOTO)

テーマ : 中国毒食品(食べたら死ぬで!)
ジャンル : 政治・経済

反戦=反日?

小生、学生の頃から歌舞音曲に興味を持ち、自らも奏でそして謳いもしてきた、所謂、弾き語りというやつだ。

当時はアングラフォークと呼ばれてた時代で、かの吉田拓郎が出現する以前の「拓郎前」の世代である。

フォークの世界での紀元は拓郎にあるのです。
拓郎が出現する前を「拓郎前」その後を「拓郎後」と称されてます。

その理由は簡単で、吉田拓郎がフォークだけでなく、日本の歌謡界にも深く大きな影響を与えたからです。

さて、そんな「拓郎前」のフォークの時代は「反戦フォーク」が主流でした。
高田渡・小室等・遠藤健司・西岡たかし・加川良・・・等などそうそうたるメンバーが若者に支持されてきた。

その中でも今思えば、意味深い歌がある。
五つの赤い風船の「遠い世界に」と言う歌だ。
この歌の一部に「コレが日本だ、私の国だ」と言うのがあるのだが、当時の彼らが伝えたかったのは、自分が愛する美しい日本を二度と戦火に曝さないための気持ちからの反戦歌だったのだろう。

http://www.youtube.com/watch?v=E_9Q3ddEGvY&feature=related


ところが、今ではその流れは全く違った方向へ向いてしまってるように思えてならない。
要するに「反戦=反日運動」なのである。

日本を貶め、日本を軽蔑し、日本を否定する思想。
それは間違いなく、NHKや朝日・毎日新聞等の極左メディアの論評が平和を愛する国民を欺いて少しずつ間違った方向へ向かわせたのは言うまでも無い。



誰も戦争を好む人間は一人もいない。
そして誰も祖国を軽蔑する人間は居ないはずなのに、なぜかそうではないのが今のこの国の現実だ。

挙句には。
闇の政治資金を受け取る目的で延長国会を抜け出して、勝手に近隣国へ訪問する大物政治家も堂々と代表に居座ってるようなこの国はいったい何処へゆくのだろうか・・・。


戦争を嫌う事は日本を嫌う事ではないはずだ。
確かに過去に日本は戦争をし、そして大敗した。
しかし、そのおかげで、アジアからは欧米列強の植民地主義者を排除させたのも事実なのです。

大変多くの日本人の犠牲のもとに得た自由と独立を多くの東南アジアの人々は今も忘れてはいません。

中国報道「また人権?」ダライ・ラマ14世の批判受け

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090424-00000158-scn-cn

ダライラマ氏を口先だけで指示するのは簡単だが全く意味が無い。

今こそ、チベットの開放の支持・支援の意思を込めて中国産・中国製の不買運動をするべきではないだろうか?

日本政府は立場上無理としても、民主主義を尊重する日本国民の総意としての市民運動なら外交問題にはならない。

まずは中国産の食品の完全なボイコットから!
スローガンは「馬鹿と貧乏人は中国産を食え!」だ!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世はこのほど日本を訪問し、中国の人権問題について「中国の振る舞いは子どものよう」と言及した。一方、中国メディアは同氏の「人権重視」を呼びかける発言を、「またその話か」と報道、冷ややかな対応だった。環球網が23日付で伝えた。

 仏AFP通信によると、ダライ・ラマ14世は22日、千葉県成田市での記者会見で、違う意見を持つ人を逮捕するという中国の「日常」を、「真の超大国が備えるべき道徳的権威の欠落」と批判した。同氏はまた、中国の裁判所が、昨年3月のチベット暴動の主犯核の被告に対する処遇と人権を同一視し、「審判のすべてに政治的動機がある」などと非難した。

 一方、中国メディアは、同氏の発言を「ダライ・ラマ14世、また『中国の人権』について語る」などと報道、同じ論説を繰り返していると指摘した。

 報道ではまた、中国現代国際関係研究院インド問題の専門家、馬加力氏の「ダライ・ラマ氏は、純粋な宗教人として、政治的色彩の強い発言はすべきでない。非難発言はチベット人の人権事業の名を借りた中国政府への攻撃だ」との発言や、同研究院の胡仕勝氏の「同氏の欧米歴訪は、西洋国家に迎合し、政治、経済的な『お布施』を求める恒例行事だ」との論評を掲載し、同氏の人権分野での中国批判を冷ややかに受け止めた。
 
 ダライ・ラマ氏は22日に日本を離れた後、米国、スウェーデン、アイスランド、オランダなどを歴訪する。

 米AP通信によると、米国はこれまで、ダライ・ラマ氏の訪米で、中国の激しい反発を受け続けてきた。しかし中国では、米国の同氏の訪米への対応で、経済低迷からの脱却に不可欠な中国の「ご機嫌」を損ねないか、注目が集まっている。 (編集担当:金田知子)

<中華経済>1-3月=鉄鋼72社は赤字転落、輸出急減で供給過剰に-中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090424-00000005-rcdc-cn



中国経済の相当な落ち込みを示すニュースは膨大な量が流れているが、それでもNHKやテレビ朝日・TBSなどの東京メディアは中国大使館からの猛抗議が怖くて中国の実態を報道していない。

「中国経済は底打ちをしてまた明るくなってる」と言う捏造報道を信じて中国進出する日本企業のバカ社長さんが増えるばかりだ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2009年4月23日付の中国証券報によると、中国鉄鋼工業協会はこのほど、全国の主要鉄鋼メーカー72社の09年第1四半期(1-3月)の最終損益の合計が33億0800万元の赤字となったことを明らかにした。前年同期は471億6000万元の黒字だった。

72社のうち20社が赤字だった。羅冰生副会長によれば、鉄鋼製品の供給過多が業界赤字の根本的な要因。この期の国内の粗鋼生産量は前年同期に比べ174万トン多い1億2474万トンに達し、1日平均141万6000トンで計算すると09年通年の生産量は5億1700万トンと、政府計画の4億6000万トンを大幅に上回ることになる。

【その他の写真】

一方で中国のこの期の鋼材輸入は514万トンと、前年同期比50%減少。3月は純輸入国に転じた。輸出の減少分がすべて国内に振り向けられたことにより、国内の供給が過剰に増えた。(翻訳・編集/HI)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。