FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ウイグル暴動>ツアー旅行、キャンセル相次ぐ=旅行業界に大打撃―中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090712-00000018-rcdc-cn


少数民族への大虐殺。

まさに自業自得だ。


=======================記事内容=========================


2009年7月11日、新華網はウイグル暴動の影響により新疆ウイグル自治区への旅行客が激減していることを報じた。ピークシーズンの夏に起きたアクシデントだけに旅行社は被害の大きさに苦しんでいる。

新疆ウイグル自治区旅行局品質規範処の李偉(リー・ウェイ)氏によると、7月5日の暴動発生からわずか3日で1450件、8万4940人ものツアー旅行がキャンセルされたという。この中には外国人4396人も含まれる。キャンセルしなかったのはわずか56ツアー、1221人にとどまった。

【その他の写真】

「7月5日の暴動前まではわが社の天山ツアーには一日5000人もの顧客がいたんですが」とは新疆百佳旅行株式有限公司の蔡清華(ツァイ・チンホア)総経理。昨年の金融危機で打撃を受け、今年のピークシーズンで復活の気配を迎えた矢先の事件となったという。(翻訳・編集/KT)

<レコチャ広場>テナント全部がニセブランド?!最強パクリビルが出現―広西チワン族自治区南寧市

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090712-00000008-rcdc-cn




パクリ・歴史捏造・反日・少数民族大虐殺・模倣品製造・軍事的脅威・毒食品・水質汚染・嘘・タン&ツバ吐き・下品・猿・非常識・低民度・身勝手・無礼・ゲテモノ・・・。

等など、これらを中国人から無くしたら普通の民族になってしまう。



=======================記事内容=========================


2009年7月、レコードチャイナのライターによる個人ブログ「21世紀中国ニュース」は、ニセブランドがばかりがテナントに入った商業ビルが登場したと報じた。ビルオーナーは“うっかり”したと弁解しているという。

以下は同ブログから。

【その他の写真】

最近では日本でも中国ニセモノ事情がいろいろ紹介されるようになりました。もはやそのパクリ力の凄まじさはよく知られているところ。しかし今回ご紹介するエピソードはひと味違うおかしさがあります。

7月3日付中国新聞網が取り上げたのは、広西チワン族自治区南寧市の繁華街に位置するできたての商業ビル。壁面には「名店集結」という文字とテナント募集の広告があります。さてではどんなテナントがあるかというと、これがもう笑うしかないニセモノのオンパレード。ざっと紹介すると以下のとおり。

「Nike」が「Like」
「屈臣氏」(ワトソンズ)が「晨屈士」
「LOUIS VUITTON」が「Louis Viouttin」
「Macdonald」が「Mdconald」
「Omega」が「Ometa」
「セブンイレブン」が「セブンセブン」

よくもまあこれだけのニセブランドを集めたものだと逆に感心しましたが、実際はもっとトホホな展開。なんとこれらの看板はビルオーナー側がつけたもの。「テナント募集が盛り上がるかと思ってとりあえず店舗の看板を入れてみたんだけど、ちょっと“うっかり”してミスしちゃった。まあ撤去するから」との弁明。Mdconaldの看板がついた区画に入居した事業者も「いやこの看板はもちろん撤去するよ。だってうちマクドナルドじゃないし」というとぼけたお答え。

もはやつっこむのは馬鹿らしくなるような、すがすがしいまでのパクリ力に脱帽です。ちなみに昔だったらちょっと怪しい個人店舗は市場とか裏通りの小さな店でやっていましたが、最近はそういう店を集めた大型ビルが増えているイメージです。テナント料が高いらしく、値段がガツンとあがっているのは勘弁して欲しいところですが。もちろんニセブランド品が並んでいる確率も結構高いので、ビルオーナーがつけた看板もあながち間違いではなかったのかもしれません。(筆者:chinanews)

■「21世紀中国ニュース」は中国在住経験を持つ翻訳者のブログ。『21世紀は中国の世紀』と言われその成長がもてはやされるなか、「このまますんなりと発展が続くとは思えない」と考え、スポーツにとどまらず中国関連の「気になるニュースをピックアップし」紹介している。FC2ブログに掲載。


ウイグル暴動で中国批判、トルコ首相にネットユーザー反発―中国紙



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090712-00000001-rcdc-cn



流石に親日国のトルコだ!

是々非々を弁えた立派な発言です!

逆に中国人はどうだ?

自国の犯罪すら認めない姿勢は既に人間とは言い難い。

それはまさに、心無いケダモノでしかない!



=======================記事内容=========================

2009年7月10日、環球時報はトルコ政府がウイグル暴動に関して積極的に発言を繰り返し、中国政府を批判していると報じた。中国ネットユーザーの間にも反発が広がっているという。

各国がウイグル暴動に関してきわめて慎重な姿勢を見せていることと比べ、トルコ政府は積極的な発言を繰り返している。10日、エルドアン首相は中国政府が暴動の黒幕として批判している世界ウイグル会議のラビア・カーディル議長に入国ビザを発行すると明言した。

【その他の写真】

またエルドアン首相は「われわれとウイグル人は兄弟」、「大きな悲しみと焦りをもって事態の推移を見守っている」、「われわれは(中国政府が)ただちに人権にのっとり必要な対応を講じることを希望している」と発言している。アフメット・ダーヴトオール外相も「新疆で発生した事態に沈黙していることはできない」とコメントした。

トルコ首相の相次ぐ発言に中国ではネットユーザーの間に反発が広がっている。環球時報が実施しているネットアンケートでは、「カーディル議長へのビザ発行は公式にテロリズムを支援したものであると考えるか?」との設問が用意され、11日正午時点で95%が「テロへの支援」だと回答している。(翻訳・編集/KT)





<中華経済>6月の粗鋼生産量が年初来最高水準に、鋼材市場の好転受け―中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090712-00000012-rcdc-cn


少数民族を常に弾圧虐殺している中国に経済援助や経済パートナーとしてビジネスしている日本人も、中国人と同罪ではないだろうか?

虐殺者とビジネスしていても「自分は虐殺者と違って手を下していない・・・」では通用しないのでは?

虐殺者(中国)への制裁を加える意味で、虐殺者(中国)とはビジネスしないのがマットウな人間のすることではないだろうか?



=======================記事内容=========================

不法滞在の中国人商人150人を逮捕=市場閉鎖など取り締まり強化進む―モスクワ市

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090710-00000013-rcdc-cn



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090710-00000013-rcdc-cn


日本も、中国人の徹底的な駆逐・追放を!

=======================記事内容=========================

2009年7月8日、ロシアのモスクワ市移民局は、中国人商人約150人を不法滞在の疑いで逮捕した。わずか2日間で3回目となる大規模な中国人商人の摘発となった。9日、環球時報が伝えた。

モスクワのチェルキゾフスキー市場は多くの中国人商人が店舗を構えていることで知られるが、先月28日に閉鎖された。抗議運動も実施されたが、当局は強硬姿勢を貫き今回の大量摘発へとつながった。逮捕された150人は国外退去を命じられたほか、7日朝に抗議活動を行った中国人80人も国外退去を命じられている。

【その他の写真】

環球時報によると、市場閉鎖から中国人商人逮捕にいたる一連の流れは「グレー通関」と呼ばれる通関方式の取り締まりに根ざしたものだという。ソ連邦崩壊以後、中国商人による輸出が急増したが、煩雑な通関手続きを避けるために「グレー通関」とよばれる簡略化した制度が登場した。当時は輸入を必要とするロシアのニーズとも合致していたが、現在、当局は取り締まりを強化しているという。(翻訳・編集/KT)

南京大虐殺に関する名誉毀損訴訟 中国人原告が勝訴

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090710-00000017-scn-cn



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090710-00000017-scn-cn


南京事件の証拠とされてきた映像や写真の全てが捏造や全く別の出来事の一部だった。
そんな偽証拠を、さも日本兵のしたこと・・・として歴史捏造してるのは確かである。

今回の裁判の行われていた東京地方裁判所の全ての裁判官の思想背景を知る権利は日本人にはある。
恐らくは、国立大学法学部卒の極左中華思想に侵された裁判官の判決であり、到底公平な裁判とは言いがたい判決なのは想像に容易だ。

中国人の嘘を認めてしまった日本の司法は、今後100年の闇の時代を迎えるだろう。



=======================記事内容=========================


日本の亜細亜大学の東中野修道教授が1998年に出版した『「南京虐殺」の徹底検証』(展転社)で、南京大虐殺のニセ被害者と指摘されていた夏淑琴さんは、名誉毀損と感情が傷つけられたという理由で、東中野教授と出版元の展転社を東京地方裁判所に訴えていた。

 南京への道・史実を守る会が5日に東京都内で開いた大勝利記念集会に参加した80歳の夏さんは、中国側の弁護士と通訳者とともに341万7995円(約23万元)の賠償金を携えて6日夜に南京に戻り、翌日の記者会見に出席した。夏さんは南京大虐殺の生存者として最終審で勝利し、賠償金を受け取る初めての人となった。

 この裁判を担当した中国側の法律補佐人である江蘇法徳永衡弁護士事務所の談臻主任によると、2月の勝訴後、455万7327円(約31万元)の賠償金が弁護を依頼していた日本弁護士団に届き、訴訟費を差し引いた341万7995円を夏さんは受け取ったという。

 南京大虐殺が起る前、夏さんは9人家族だった。そのうち7人は、旧日本軍が南京を攻め落として占領した1937年12月13日に殺され、当時8歳だった夏さんも3カ所刺されて意識不明になるが、幸いなことに4歳の妹と生き残った。

 この九死に一生を得た夏さんを東中野教授はニセ被害者と指摘した。夏さんは尊厳と史実を守るために、2000年11月に名誉毀損と感情が傷つけられたという理由で、東中野修道氏と展転社を訴えるが、東中野氏と展転社は2006年4月、夏淑琴の名誉は毀損していないという理由で夏さんを提訴。このことを知った夏さんは日本で提訴することを決め、夏さんが日本で提訴するとは思わなかった東中野教授と展転社は、裁判が始まる前に慌てて提訴を撤回している。

 夏さんは日本の弁護士団に依頼して東京地方裁判所に反訴。07年11月2日に行われた東京地方裁判所の一審は勝訴、昨年5月に開かれた東京高等裁判所の二審でも一審の判決を支持するというものだった。そして09年2月に最高裁判所で夏さんの勝訴が確定した。

 帰国前に夏さんと中国側の法律補佐人は、日本の弁護士団に平和の勲章を贈り、弁護士10人の10年間にわたる弁護に感謝の気持ちを述べている。(情報提供:チャイナネット)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

【中国ブログ】なぜ中国人は増え続けるのか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090709-00000187-scn-cn



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090709-00000187-scn-cn



中国人は蛆虫だからです!



=======================記事内容=========================


世界で最も多くの人口を抱える中国。一人っ子政策を実施している国は中国を除いて他には存在しない。中国人ブロガー老李氏がなぜ中国人は多いのかを考察した。以下は、その要約。
--------------------------------------------------------------
 なぜ中国人はこれほど多いのだろうか?世界の多くの国は計画生育(一人っ子政策)など実施していないというのに中国よりも人口が少ないのである。中国人は本当に多すぎるため、新疆ウイグル自治区やチベットを除けば、もはや広々とした土地は存在しないだろう。

 実は中国の多くの地方において、その土地は人が住むのに余り適していないといえよう。しかし、中国人はそんな土地でも頑強に住み続け、繁殖し続けるのである。なぜ中国人はそのようなことが出来るのか、それは中国人の思想と大いに関係が有ると考えている。

 それを最も的確に表現する言葉といえば「命あっての物種」であろう。中国人は生命を大切にし、生きていくためであれば想像を絶するような苦痛、恥辱にすら耐えることが出来るのだ。生きていくためであれば守り続けてきたものや、人間としてあるべき姿すら放棄することが出来るのである。

 私はこのような生き方を軽蔑しているのではなく、反対にこのような考え方こそ、本当の意味で「生命」の価値を見出せるのではないかと思う。全ての民族の生死観で共通する認識といえば「生き続ける」ことだと言えよう。中国人はこの最低ラインにおいて、純粋に堅持し続けているのである。(編集担当:畠山栄)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

中国製「パクリ携帯」締め出し!最大輸出先・インド向けが4割減―中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090709-00000029-rcdc-cn



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090709-00000029-rcdc-cn



インドの行動はまさに正義の鑑だ!

逆を言えば、中国にパクリ携帯を作らせてるのは、各国の携帯メーカーなのである。

中国人に完成品を売ると、その模倣品が必ず出回ってしまう。

それでも、中国を市場として進出するのは何故なのだろうか?

「我が社だけは被害に会わない」と思ってる経営者の頭の中身を見てみたいものだ。

こんな中国人を支持・支援・擁護してる日本人を心から軽蔑する。



=======================記事内容=========================


2009年7月8日、インド政府は先ごろ、海外から輸入される携帯電話などの品質基準をさらに厳しくすることを発表したが、それにより通称「山寨機」と呼ばれる中国製の「パクリ携帯」が締め出されることとなり、中国からインドへ輸出される携帯電話端末が激減している。上海証券報の報道。

「パクリ携帯」とは、世界の大手ブランド製品の機能などをコピーして生産し、製品名やデザインに変更を加えて“国産品”として仕上げたもの。中国深センで生産される「パクリ携帯」は年間8000万台にのぼり、そのうち少なくとも45%が海外へ輸出されている。インドはその最大の輸出先となっており、通信情報技術省の推計によると、インド国内における利用者は約2500万人。印・携帯電話連盟(ICA)の推計では、毎月400~500万台の携帯電話端末が中国から輸入されているが、そのおよそ3分の1がパクリ携帯だという。

【その他の写真】

ところが、今回のインド政府の措置により、中国からインドへ輸出される携帯電話端末が激減している。業界関係者によれば、今年のインド向けパクリ携帯輸出量は前年比4割以上減少しており、以前なら1日あたり2~3万台の端末を輸出していたのが、現在では数千台にまで減少しているケースもあるという。他国からの発注も減少傾向にあり、今後、インドと同様の措置をとる国が増えれば、中国のパクリ携帯業界にさらに大きな打撃がもたらされる可能性が高いと話している。(翻訳・編集/岡田)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

<年齢詐称>少年卓球大会、参加者3割に疑惑=北京五輪金など他競技にも波紋―中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090709-00000030-rcdc-cn


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090709-00000030-rcdc-cn


中国から、詐欺・詐称・捏造・嘘・模倣を取り除けば何も残らない。

中国5000年の歴史全てが消え去ってしまう。

=======================記事内容=========================


2009年7月8日、金羊網は全国少年卓球大会の参加選手259人のうち3割以上となる90人が、申告された年齢と骨年齢で合致しなかったと報じた。年齢詐称疑惑があるとして28人の出場資格が取り消された。

6日、2009年全国少年卓球大会が開幕した。試合は江蘇省蘇州市の南方ブロック、北京市の北方ブロックに分かれて実施されている。今年から骨年齢検査が再開されることとなったが、259人中90人に実際の年齢と骨年齢が合致しない異常が認められた。

【その他の写真】

国家卓球バトミントンセンターは違反を厳しく取り締まるとして、2人以上の違反者が出た2チームの団体戦出場資格を取り消した。また次回以降は、身分証に記載された年齢が真実のものではない場合、今後は別に正しい生年月日を注記するよう求めている。

中国ではスポーツ選手の年齢詐称が広く行われていると伝えられており、北京五輪で圧倒的な実力を見せつけた中国女子体操選手も疑惑の対象だった。中国側はパスポートと身分証明証を根拠に疑惑に反論したが、今回の国家卓球バトミントンセンターの措置は身分証が本当の年齢に合致していないケースが多々あることを示唆するものであり、波紋は他競技にも広がりそうだ。(翻訳・編集/KT)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

【中国ブログ】日本と中国における日常生活の比較(1)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000178-scn-cn


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000178-scn-cn


痰を吐かない、列に並ぶ、悪口を口にしない、公共の場所でタバコを吸わない、ゴミをポイ捨てしない・・・云々。

他には、嘘はつかない、捏造はしない、ハローワークのお姉さんに火をつけない、犯罪を犯してもシラをきらない。

中国人と日本人にはこんな差もあります。


=======================記事内容=========================


経済発展の著しい中国。中国人の生活レベルも飛躍的に向上しつつあるが、一般的な中国人の生活水準はどれほどなのであろうか。中国人ブロガーが自らのブログで、日本人と中国人の生活を比較する文章を掲載した。原文は長いため、数回に分けて紹介する。今回はその1回目、以下は、その要約。
---------------------------------------------------------
 日本と中国には間違いなく「差」が存在するが、日常生活の質というものはお金がどれだけあるかに依存することは無い。痰を吐かない、列に並ぶ、悪口を口にしない、公共の場所でタバコを吸わない、ゴミをポイ捨てしないなど、全中国人の8割がこれらのルールを守ることが出来れば、中国は人間にとって住みやすい国となるだろう。

関連写真:そのほかの中国人に映る日本に関する写真

 私は中国で生まれ育ち、訪日してすでに数年が経つ。日中両国で生活したことがあるため、両国について理解しているつもりだ。私はこれまで、ネット上で日本と中国の庶民の生活水準を比較した文章を多々見かけてきたが、いつも事実との相違を実感していた。ここで私が日本と中国の衣食住、買い物などを比較してみたいと思う。

 まずは高級品の買い物についてである。日本人にとって、マイカーを所有することは普通のことである。日本人の月給は35万円から40万円ほど、銀行や大手企業、公務員などあればさらに多くの月給をもらっている。日本では200万円もあれば車を購入することが出来るため、4~5ケ月分の給料で車を所有できるのである。

 また、デジタルカメラに至っては、日本で購入するほうが圧倒的に安いのである。日本で3万円のデジタルカメラは中国では4000元(約5万6000円)はするだろう。日本人であれば月給の10分の1以下でデジカメを購入できるが、中国人がデジカメを買おうと思ったら丸々1カ月分の給料がなくなってしまうのだ。

 日本人は戸建ての住宅に住むことが多い。価格は3000万円から5000万円、人民元でいえば210万元から310万元ほどである。この価格は北京や上海で同面積のマンションを購入する際の価格とほぼ同じだが、日本人の収入のほうが多いため、ローンの負担は日本人のほうが楽である。

 次に交通についてだが、日本は交通網が発達しており、北京や上海の数倍も便利である。しかも収入に対する交通費は中国とは比べ物にならないほどに安い。電車の料金は130円から300円ほど、定期券を購入すれば通常料金の半分ほどで交通機関を利用することが出来る。しかも、日本であれば交通費は会社が負担してくれることが普通なのである。例えば、収入が40万円の日本人の一カ月あたりの交通費を1万円とした場合、収入に対する割合はわずか2.5%である。

 一方、北京や上海の普通のサラリーマンの月給は3000元(約4万2000円)ほどであり、一カ月あたりの交通費は60元から100元ほどと見積もっても月給の2%から3%、しかもほとんどの場合において自腹である。(つづく 編集担当:畠山栄)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

共産党の機関紙「ウルムチでの暴力犯罪は許さない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000164-scn-cn


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000164-scn-cn


>「中国は社会主義の法治国家であり、法律を踏みにじることは許されない・・・云々」

法の正しい姿とは、人権や自由を基礎に出来たものを言う。

中国の「法」は人権抑圧と少数民族の大虐殺を基にした人類史上最悪の愚法である。

こんな嘘吐き中国人を支持・支援・擁護してる日本人を心から軽蔑する!!!!!



=======================記事内容=========================


中国共産党の機関紙「人民日報」は論評を発表し、「中国は社会主義の法治国家であり、法律を踏みにじることは許されない。ウルムチで5日に発生した暴動は決して容認できないものだ」と指摘した上で、政府が力強い措置をとり、暴力行為を厳しく取り締り、社会の安定を維持するよう呼びかけた。

 文章はさらに、「ウルムチ暴動は中国の分裂を図り、発展を妨げる目的にある。民族問題ではなく、宗教問題でもない。犯罪者を容認すれば、人々の利益を損なうことになる」としている。

 6日午後7時現在、ウルムチ暴動で少なくとも156人が死亡し、1080人が負傷した。警察の発表によると今回の暴動は海外の団体が扇動、指揮し、国内の組織が起こした組織的暴力犯罪であるという。新疆の警察当局はすでにこの事件に参与した1434人の容疑者を逮捕し、取調べ中である。(情報提供:中国国際放送局)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

中国公安トップが新疆入り、ウイグル暴動に全力対処へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000172-scn-cn



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000172-scn-cn





「更なる武力を以ってウイグル人民を虐殺せよ!」


ソレが本音だ!

日本もいずれはこうなってしまうのだろうか?

反日親中媚中メディア(NHK・朝日・毎日・日経新聞)はソレが願望なのだろう。


=======================記事内容=========================


孟建柱公安部長(公安相)が8日午後、新疆ウイグル自治区ウルムチ市に到着、同市人民広場に集合した武装警察隊を閲兵、演説を行った。公安トップが現地入りし、メディアに対しても公開するのは異例の措置といえる。写真中央右寄り、白いシャツを着、敬礼しているのが孟部長。

関連写真:そのほかの新疆ウイグル暴動09年7月に関する写真(32件)

 中国では胡錦濤国家主席がサミットを欠席して緊急帰国した。今回の公安トップの現地入りも含め、「新疆史上最大の惨事」なども表現される今回の暴動に対して、中国中央政府も治安回復に懸命だ。(編集担当:鈴木義純)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

「クレヨンしんちゃん」のパクリでは?07年放映の“純国産”アニメに疑惑続々―中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000017-rcdc-cn



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000017-rcdc-cn


中国と経済交流すると全てを盗まれる。

こんな中国人を支持・支援・擁護してる日本人を心から軽蔑する。




=======================記事内容=========================


2009年7月7日、中国のネット掲示板で、日本の人気アニメ「クレヨンしんちゃん」と中国国産アニメ「大口のドゥドゥ」を比較検証している書き込みが掲載された。設定やいくつかの場面が酷似していることからパクリ疑惑を指摘している。

2007年に放映された「大口のドゥドゥ」は中国人の少年が成長する姿を描いた国産“オリジナル”アニメ。ところがネット掲示板では10枚以上の写真が掲載され、「大口のドゥドゥ」と「クレヨンしんちゃん」の比較を行っている。タイヤを転がして遊ぶシーンや本を読んでいるシーンなど構図はほとんど一緒で、パクリ疑惑も仕方のないところだろうか。また声優のしゃべり方も似ていると指摘されているほか、劇中に使われている音楽は日本アニメ「ジャングルはいつもハレのちグゥ」のものであることも判明したという。

【その他の写真】

書き込みは中国では午後5時から7時までのゴールデンタイムに海外アニメ作品の放送が禁止されたことを伝えているほか、官製ニュース番組特有の語り口を茶化して使っており、政府の国産アニメ振興策を風刺する目的があると見られる。(翻訳・編集/KT)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

<ウイグル暴動>「暴徒は突然現れた」被害者が見た暴動―新疆ウイグル自治区ウルムチ市

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000006-rcdc-cn



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000006-rcdc-cn


漢民族の、こんなオバハンの話なんか誰が信用するものか!

被害者ぶってるが、実は共産党の党員なんだろ?

中国共産党員は中国人の中でも「天性の嘘吐き」として世界から認められていますよん。

こんな嘘吐き中国人を支持・支援・擁護してる日本人を心から軽蔑する!!!!!



=======================記事内容=========================


2009年7月7日、新華網は、新疆ウイグル自治区ウルムチ市の暴動の被害者、目撃者の証言を掲載した。

「暴徒は夜7時半ごろ突然現れました。……全部で5人です」とスーパーの女性オーナー・劉傑(リウ・ジエ)さんは語った。「やつらは棚をひっくり返し瓶を割り、それから放火しました。」当時、劉氏と100人以上の学生はスーパーの地下室に隠れていたという。炎と煙に追い立てられて庭へと逃げ出したが、それでも店の外に出ようとする者はいなかった。「ただただ怖かった」、劉さんは泣きながら話した。

【その他の写真】

日付が変わった6日午前2時、警察の到着を知った彼らは大声で「助けて」と叫び、ようやく救出されたという。通りに出るとあたりには人間がごろごろと倒れ、血で染まっていた。「通りではバスが5台、車が4台燃えていました。運転手1人が行方不明です」と話す劉さんの手足は灰と土で真っ黒だった。事件後、彼女のスーパーは廃虚となった。被害額は90万元(約1250万円)を超える。

6日、新華社記者は自治区人民病院を取材した。同院は市最大の病院の一つ。負傷者291人が治療を受けており、うち17人が死亡した。王発省(ワン・ファーション)院長によれば、負傷者には漢民族、ウイグル人のほか、回族、カザフ族らその他の少数民族も含まれるという。特に頭を負傷した者が多い。

同院の集中治療室(ICU)では20人以上の重傷者が治療を受けている。全員昏睡状態にあるという。そのうちの一人、16歳の朱海峰(ジュー・ハイフォン)くんは43中学の生徒。下校中に襲撃され負傷した。頭部を殴打され昏睡状態にある。朱くんの両親が病院で息子を見つけた時、顔を見てもわからないほどの状態だった。

7日現在、ウルムチ市はなお不安と恐怖に包まれている。多くの店舗はシャッターを下ろしたまま。仕事を休んだ市民も多い。一部では混乱やデモが続いているとも報道されるなか、人々の不安はいささかも減じてはいないようだ。「混乱は本当に収まったのでしょうか?」ある市民が洩らした言葉は皆の気持ちを代弁するものとなった。(翻訳・編集/KT)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

<ウルムチ暴動>従来のテロとは異なる深刻な事件=国家の統一脅かす―米華字紙

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000007-rcdc-cn



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000007-rcdc-cn


暴動といえば・・・。
去年、長野で中国人が暴徒と化した時、日本の警察は中国類人猿を全く取り締まらなかった。

もしも今後、中国類人猿が日本で暴動を起こした時は自衛隊の出動を要請するしかないのでは?

日本の治安維持は警察ではもう無理だ!
腰抜けの警察よりも、心意気が違う自衛隊を頼りにするしかない!



=======================記事内容=========================


2009年7月7日、米華字紙・僑報は社説「新疆の暴力的騒乱は一線を越えた」を掲載した。新疆での民族問題は今に始まったことではなくきわめて複雑な問題だが、これまでは国家の統一や社会の安定、そして市民の命を脅かすものではなかったと指摘、5日の暴動はその一線を越えたと主張している。中国新聞網が伝えた。

社説は今回の事件は従来の単発型のテロではなく、集団暴力事件へと発展していると述べた。その特徴はチベット問題と同じく、独立勢力の本拠地が海外にあることだという。長年新疆で活動を続けてきた東トルキスタン独立勢力は国際的テロ組織と深い結びつきがあるもので、こうしたテロリズムは米国など国際社会が批判するものであると指摘した。

【その他の写真】

同社説はウルムチ市当局がとった交通規制は市民の恐怖心を抑える巧みな措置であったと評価、またその後の報道で死者や加害者の民族を明らかにしていない点も民族衝突を避けるためのものだと評価した。

社説は、中国と新疆は今や発展のための千載一遇のチャンスを迎えており、事件は中国辺境部の安全を脅かすばかりか、ウイグル族ら少数民族の利益を損なうものと批判した。(翻訳・編集/KT)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

山西省、5つの「全体的な整備」で民生改善

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000018-scn-cn



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000018-scn-cn


ウルムチ大虐殺の非難を避けるための嘘の改善発表と思うのは僕だけだろうか?

中国が民生を改善するはずが無い。

しても、対象は一部の漢民族のみだろう。



=======================記事内容=========================


豊かな鉱物が埋蔵している山西省では120種類の鉱物が発見されている。その中でも埋蔵量がすでに明らかになっているのは53種類で、埋蔵量が中国全土で上位10位を占める鉱物は34種類に上る。調査によると、山西省の石炭埋蔵量は2600億トンで、これは全国の埋蔵総量の3分の1にあたり、また年間の原炭生産量は3億トンと、まさに中国一の石炭の省である。

 2009年初めに山西省の王君省長は、今後2年間に全省で「5つの全体的な整備」を実施し、広く農民が改革と発展の成果を享受できるよう努力していくと示した。「5つの全体的な整備」とは、交通、教育、衛生、ラジオ・テレビ、水利で、具体的な実施内容は次の通り。

 1.条件が備わっている行政村にセメント(アスファルト)道路の舗装を行い、2年間で全行政村にいたる約3万キロのセメント(アスファルト)道路を舗装する。すでに工事が始まっているプロジェクトは990カ所で、そのうち完成したプロジェクトは91カ所の957キロ。

 2.全小中学校の校舎で安全改造プロジェクトを実施する。今後2年間で倒壊する恐れがある824万5700平方メートルの小中学校の校舎を改造し、年内には400万平方メートルを完成させる。

 3.県、郷、村の3クラスの衛生サービスシステム、特に村クラスの衛生室を整備し、2010年までに全村に衛生室を設置する。今年の任務は80%の行政村に衛生室を建設することだ。

 4.全ての行政村でテレビ・ラジオが視聴できるようにする。2010年末までに20世帯から49世帯の電気が通じた全ての「自然村(自然に形成された村落)」で、テレビ・ラジオの視聴ができるようにする。

 5.全村で飲用水の安全を確保する。今年と来年の2年で農村部の住民492万人の飲用水の安全を解決し、年内は200万人の飲用水の安全を確保する。現在までに約570カ所の飲用水安全プロジェクトが終了し、66万人がその恩恵を受けている。写真は改修を終えた左権県麻田中学校。(情報提供:チャイナネット)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

ウルムチ暴動に対する現地住民の声「日常を踏みにじった」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000055-scn-cn




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000055-scn-cn


民主党が政権を取れば、日本もいずれはウルムチやチベットのようになるんだろうな・・・。

台湾も、国民党の総統が選ばれて地獄(中国)へ向かって駄々走りだし・・・。




=======================記事内容=========================

7月6日17時までに新疆ウイグル族自治区ウルムチ市の治安は回復した。中国社会各界は、5日に発生した「殴打、破壊、略奪、放火」の重大な暴力犯罪事件を強く非難している。

関連写真:そのほかの新疆ウイグル暴動09年7月に関する写真(32件)

 ウルムチ市の二道橋でドライフルーツを販売するマイルアイリ・アイムドラさんは、事件が一番激しかった後泉路に住んでいる。マイルアイリさんの妻は暴力事件に驚いて気絶し、6日の昼になっても起き上がることができなかったという。マイルアイリさんは、「私は毎日100元(約1400円)も稼ぐことができないが、新疆が平和で穏やかであることを願っている。それは私の商売のためにもなり、妻や子供にとっても幸せなことだ」と話す。

 マイルアイリさんが住んでいるのは、様々な民族が集まる集合住宅。仲良く暮らしている17世帯の人たちは、このようなひどい暴力犯罪事件が発生するとは予想もできなかった。「暴徒は見境なく襲撃し、車を見れば焼くという、まるで人間らしさを失ったようだった」

 6日午後にウルムチ市の中環路の昌楽園を訪ねた。ここに住んでいる教師の陳麗さんは、「5日夜に暴徒たちは昌楽園の裏門の外にある4階建てのホテルに放火し、この地域の人たちはパニックに陥った。子供は外に遊びに行かず、大人たちも外出する勇気はない。暴徒たちは思うままに他人の命や日常生活を踏みにじり、本当に憎い」と語る。

 この由々しい犯罪暴力事件の影響で、ウルムチ市の通りに面した一部の商店やレストランはシャッターを閉め、今までとてもにぎやかだった商店街はひっそりしている。ウルムチ市で商売をしている浙江省出身の李仲喜さんはこう言う。「ここ2年の新疆の発展は非常に速かった。このような事件後には新疆の投資環境にも必ず深刻な影響が出るだろうし、観光業も打撃を受けるだろう。そして最終的に損失をこうむるのは結局、新疆の庶民たちだ」

 23歳のカドリアさんはウイグル族の女性で、5日の暴力事件で頭にけがをし、今は新疆ウイグル族自治区の人民病院で手当てを受けている。カドリアさんにとって5日は悪夢のような日だった。

 「ちょうど106番のバスに乗って家に帰る途中で、20時頃に家の近くまで来たころ、暴徒の襲撃で交通渋滞が始まった。そして運転手がドアを開けて私たちに降りるよう言った時、車内でも騒ぎが起り、バスから降りようとした私は頭を棒のようなもので殴られたが、救急員が病院に送ってくれたため難を逃れることができた。暴徒は私の体を傷つけた。彼らのあらゆる行為は、ウイグル族の同胞に幸福をもたらすとは全く思えない」

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

中国・胡錦濤主席が緊急帰国、サミット欠席「新疆情勢を考慮」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000034-scn-cn

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000034-scn-cn


地獄のチベットの第二幕か・・・。

国連って本当に無力なんだな・・・とつくづく思うばかりだ。




=======================記事内容=========================


8日付新華社電によると、イタリアを訪問中の中国の胡錦濤国家主席は現地時間8日午前、予定を繰り上げ帰国する。5日に大規模な暴動が発生した新疆ウイグル自治区の情勢が理由。

関連写真:そのほかの胡錦濤に関する写真(5343件)

 8日からイタリア・ラクイラで開催される主要8カ国(G8)首脳会議(サミット)は欠席し、戴秉国国務委員が代理で出席する。サミット終了後に予定されていた胡主席のポルトガル訪問は中止し、改めてポルトガル側と日程を協議する。

 写真は6日、イタリアのナポリターノ大統領と会談した胡錦濤主席。ナポリターノ大統領は共同会見で、「経済や社会の発展に伴い、中国には人権という新たな要求が発生する」と述べた。新疆ウイグル自治区の事件についての直接の言及はなかった。胡主席は、人権問題や新疆の事件に触れなかった。(編集担当:如月隼人)


テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

外国メディア、中国共産党の改革開放の成果を称賛(1)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000028-scn-cn




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000028-scn-cn


中国の経済成長は、世界に不良品と毒食品を蔓延させてるだけだ!

評価には値しない愚劣で最低の現実しかない!

世界中から中国製や中国産が無くなったら、原産地表示や製造国をイチイチ確認しなくても済むのである。
買い物をする度に行う、中国製(産)へのチェックは相当な労力となって世界の人々を苦しめている。

故に、中国経済の発展は人類最大の負担であるのは言うまでも無い!




=======================記事内容=========================


香港の「文匯報」紙は先ごろコラム「重大ニュース」で、中国共産党創設88周年の際、多くの外国メディアが相次いで共産党の執政に「高得点」をつけるだろうと報道。CNNの首席記者は「中国は英米が産業革命時代に100年かけてようやく達成した使命をわずか30年で達成した」と感嘆する。

 これについて、中国共産党中央党史研究室の李忠傑副主任は国務院新聞弁公室の記者会見で、共産党がそれにより「浮つくことはない」と表明した。

 CNNの在中国前首席記者は「西側の一部の人は常に中国共産党を非難しているが、共産党が実行した改革開放という政策決定は客観的に、中国と世界に極めて大きな変化をもたらし、中国の人々の生活を大きく改善した。この点だけでも私は共産党に高得点を与えたい」と話す。

 また、多くの外国メディアもこのところ関連する論評を発表。豪「シドニー・モーニング・ヘラルド」紙は、全人類にとって中国が実施する改革開放は「1つの重要な時期」であり、その時点から全世界の5分の1を占める人口が貧困から脱け出し、豊かな道を歩むことになるからだと指摘している。

 日本の「中央公論」は、70年代末に改革開放を実施してこの30年、中国政府はすでに経済発展を通じて豊かなる政策目標をすでに実現した、と論じている。スペイン紙「チャイナ・ポリシー・オブザーバー」は、改革開放30年来、中国の国内総生産(GDP)が平均9.8%伸びたことに注目。英「オブザーバー」紙も、中国では「ほとんど至るところで自信の息吹が感じられる」と感嘆を隠さない。(つづく 情報提供:チャイナネット)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

【中国ブログ】日本の地下鉄は「愛国者でも認めざるを得ない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000077-scn-cn



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000077-scn-cn




>特殊な乗客のため、地下鉄にはエレベーターも設置されている・・・云々

「特殊は乗客」とは身体障害者の人の事を指すのだろうが、そういえば中国では車椅子に乗ってる身体障害者の人を見た事が無い。

生まれつきとか、事故等で障害を持ってしまったら、闇から闇に葬られてるとしか思えないのは僕だけだろうか?

一般人の人権すら無い中国だ、障害者に人権なんか存在するはずが無い!



=======================記事内容=========================


中国人ブロガー暁晨氏が日本の地下鉄は凄いとした上で福岡の地下鉄を紹介した。以下は、その要約。
--------------------------------------------------------------
 日本の地下鉄に関して、中国国内にいる愛国者たちですら、その凄さを認めざるを得ないだろう。日本に来たら地下鉄に乗るべきだという人もいるほどである。実際、日本の地下鉄におけるサービス態度や設備、手の行き届いた管理など、中国人にとっては学ぶべき点が大いに存在する。

関連写真:そのほかの中国で報道されている日本に関する写真

 私は福岡市の地下鉄以外はよく知らないのだが、福岡市に限って言えば地下鉄の入り口は至るところで見ることが出来る。大きな通りである限り、地下鉄の入り口が一つは存在し、入り口には日本語、英語、韓国語、中国語による案内も設置されているのだ。

 特殊な乗客のため、地下鉄にはエレベーターも設置されている。使い方は一般的なエレベーターと同様であり、エスカレーターや階段を使うのが面倒だと感じる人も利用が可能である。

 日本の地下鉄の切符販売は基本的には全て無人化されている。お金を投入すればそれで終了だ。自動発券機の操作も非常に簡単である。地下鉄の清掃員の多大なる努力の成果か、または他の理由が存在するのかは分からないが、日本の地下鉄は非常に清潔であり、中国国内の観光名勝地よりも清潔なのだった。

 日本人は秩序を保って、地下鉄がやって来るのを待っている。日本人はずっと何かを考えているかのように黙り込んで電車を待っているのである。そして地下鉄の車内もやはり静かだ。人々は本を読んだり音楽を聴いたりしていて、大声で話をしている人は一人として存在しない。

 以前、私が日本語能力試験に参加した日のことだ。その日は中国人の受験生が非常に多く、結果的に一つの車両が中国人で埋め尽くされたことがあった。その車両はすでに日本ではなくなり、「静かにしてください」という張り紙を守る人などは存在せず、車両に乗っていた何人かの日本人は早々と音楽を聴き始めたのだった。(編集担当:畠山栄)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

<ウイグル暴動>独立派はアルカイダと連携?中国政府は神経とがらす―SP華字紙

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000011-rcdc-cn



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000011-rcdc-cn



>独立派はアルカイダと連携?

バカか!!!!!!

アルカイダと繋がっていたら、少しは武器弾薬を持って戦ってる!

素手で装甲車に立ち向かってるウルムチの人々を嘘吐き中国人は何処まで愚弄すれば気が済むんだ!!!!!

中国人の嘘吐き癖は場所を選ばないのか!!!!

こんな嘘吐き中国人を支持・支援・擁護してる日本人を心から軽蔑する!!!!!



=======================記事内容=========================


2009年7月7日、中国新疆ウイグル自治区の区都ウルムチで騒乱が発生したことを受け、シンガポールの華字紙・聯合早報(電子版)は「中国はなぜウイグル問題に敏感なのか」と題した解説記事を掲載した。

解説は以下の通り。

【その他の写真】

■ウイグル族と新疆地区
20世紀初めの短い間、新疆は独立状態にあったが、中華人民共和国が成立した49年、中国共産党の統治下に置かれた。現在の公的な立場は「自治区」。同区に居住するウイグル族はイスラム教徒である。

■中国はなぜウイグル問題に敏感なのか
中国政府は今回の騒乱を「独立を画策するウイグル族の武装集団による暴動」としている。米国で起きた「9・11事件」以降、ウイグル族分離主義者は国際テロ組織アルカイダと結びつきがあり、アルカイダのもとで軍事訓練や思想教育を受けているとみなされており、ウイグル独立派「東トルキスタンイスラム運動 (ETIM)」は米中両国にテロリスト集団と認定されている。

■漢族にどんな不満を持っているのか?
新疆地区で度々起こる騒乱は中国共産党の統治に対する不満のほか、漢族とウイグル族の間の民族対立も一因であると見られている。49年当時はわずか6%しかいなかった漢族が今では40%にまで増加。ウイグル独立派は宗教や文化活動まで制限を受けていると不満を露わにするが、北京側は「外部が大げさに言っているだけ」と民族対立の存在そのものを否定している。

■新疆の現状
中国政府は新疆地区の経済発展を積極的に宣伝し、政策の正当性を強調しているが、ウイグル族にそれを歓迎している雰囲気はない。今回の騒乱を取材しようと現地入りした欧米記者は、いたる所で監視を受け、自由な取材が出来ないと嘆いている。(翻訳・編集/NN)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

中国、東トルキスタン勢力を「支援しないよう」呼びかけ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000086-scn-cn


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000086-scn-cn



中国外交部のこの発言は、中国の本質を露にした実に非道で嘘で嘘を塗り固めた人間とは掛け離れた愚劣なものである!

中国外交部の発言では毎回言葉にもならないほどの腹立たしさが体中から爆裂するのは僕だけだろうか?

こんな中国人を支持・支援・擁護してる日本人を心から軽蔑する。


=======================記事内容=========================


中国外交部の秦剛報道官は7日、北京での記者会見で「東トルキスタンテロ分裂勢力の本質をはっきりと認識し、それにいかなる形による同情と支援も提供しないよう国際社会に呼びかける」と述べた。

関連写真:そのほかの新疆ウイグル暴動09年7月に関する写真(32件)

 5日夜、中国北西部の新疆ウイグル自治区のウルムチで発生した暴動で、156人が死亡し、1080人が負傷した。また、大量の車両が燃やされ、破壊された建築の面積は5万6000平方メートルに達した。

 秦剛報道官は、「ウイグル自治区の関係部門はすでに、これは外国からの指揮と煽動を受け、国内の組織が実行した計画的かつ、組織的な暴力犯罪事件であると対外的に発表した。暴力犯罪の証拠が確実で、動かせないものだ」と述べた。

 秦剛報道官はまた、「この2日間、自治区の関係部門は世界ウイグル代表大会をはじめとし、この組織の代表らの海外の分裂勢力がこの事件に関わったことを明らかにした。一連の事実が立証しているように、代表のラビアは外国滞在中、祖国を分裂させ、民族の団結と新疆の平和と安定を破壊する活動を停止しなかった。うそは国際社会を永遠に騙すことは出来ないだろう」と述べた。(情報提供:中国国際放送局)


テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

ウルムチ暴動 「被害最も甚大だ」中国共産党書記

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000092-scn-cn


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000092-scn-cn


胡錦濤もサミットを欠席して中国へ戻ってくる。

胡錦濤の現地での指導はチベット同様に、外国人メディアの国外追放ごにウルムチ住民の一斉大虐殺だ!

またまた、歴史は繰り返される。
中国の残忍な虐殺は人類への反逆だ!

こんな中国を支持・支援・擁護してる日本人を人間として心から軽蔑する。


=======================記事内容=========================


新疆ウイグル自治区ウルムチ市内で起きた暴動に絡み、中国共産党ウルムチ市委員会の栗智書記は7月7日に記者会見を行い「中華人民共和国の成立以降で当地で起きた事件の中で今回の暴動が人的被害や経済的損失が最も甚大だ」と語った。7月7日付で中国国営の新華社通信などが伝えた。

 さらに栗氏は同市でインターネット接続が中断していることを認めた。その上で「今回の暴動は域外の分離独立勢力がインターネットなどの方法を通じて組織的に扇動したものであり、事態の蔓延を防ぐ狙いがある」と中国当局が行ってきた従来の主張を繰り返した。また今後の規制解除については「監視を行っている関係部門が状況を見て判断する」とした。(編集担当:麻田雄二)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

日本が事実上の「核大国」に、北朝鮮の核実験をきっかけ―日本華字紙

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000021-rcdc-cn


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000021-rcdc-cn




安価で高性能な日本製の核爆弾!

こりゃ、世界的ヒット間違いなし!

不良品ぞろいの中国製の核爆弾とは雲泥の違いなのは言うまでもない。




=======================記事内容=========================


2009年7月6日、日本の華字紙「日本新華僑報」は「北朝鮮の核実験をきっかけに、日本は事実上の核大国になる」との署名入り論説を掲載した。

記事によると、核実験を繰り返す北朝鮮に対し、日本は被害者の立場を強調しながら国連でも六カ国協議でも積極的に非難や制裁を求めている。日本国内では一部で「北朝鮮に対し先制攻撃をすべきだ」という強硬論や、「北朝鮮に核があるなら日本にもあるべき」という核武装論まで飛び出している。非核三原則(「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」という日本政府の3つの原則)を表明している日本にとって、北朝鮮の核実験やミサイル発射は「非武装」解除の理由として好都合なのだ。

【その他の写真】

1960年に締結された日米安全保障条約のなかに核兵器持ち込みの密約があったとする日本政府の元高官の証言もあり、日本の非核三原則は事実上守られていなかったことも指摘されている。また、羽田元首相はかつて「東京大学の学生でも原子爆弾は作れる」として日本の科学技術水準の高さを誇った。日本にとって「核兵器の製造はきわめて簡単」なものであり、将来は米国の協力の下、事実上の核大国になる日も近いと記事は指摘している。(翻訳・編集/本郷)

テーマ : これからの日本
ジャンル : 政治・経済

日本の与那国島への陸自配備検討、「尖閣にらみ決定」と報道―中国メディア

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000015-rcdc-cn



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000015-rcdc-cn


麻生総理の毅然とした外交防衛政策は実に立派だ!

しかし、なぜかマスメディアは殆ど取り上げていない。
特に、頭が悪いお茶の間の奥様たちの目の届くテレビニュースでは一切取り上げていないのが反日メディアの悪意に満ちた意図するところだろう。

今や政治世論は反日メディアにコントロールされていると言っても過言ではない。
要するに、NHKやテレビ朝日・TBSなどの反日メディアのマインドコントロールに完全に陥ってるのである。
実に嘆かわしい限りだ。



=======================記事内容=========================


2009年7月6日、中国の「国際先駆導報」は日本政府がこのほど明らかにした与那国島への陸上自衛隊配置方針決定を受けて、これを「尖閣諸島(中国では釣魚島)の領有権問題をにらんでの示威行為」と報じた。

浜田防衛相は与那国島を「日本の最西端に位置し、国防上重要な意味を持つ島」と強調した。日本メディアは今回の日本政府の方針を「日本防衛の重点を旧ソ連を仮想敵国とした北方から南西諸島に移す配置見直しの一環」「軍事力を増強し東シナ海での活動を活発化させる中国に対抗し、南西諸島の防衛力を強化する狙い」などと伝えている。

【その他の写真】

中国の軍事専門家は「与那国島における陸上自衛隊の駐屯地が整備されれば、日本の南西諸島防衛を担う陸自西部方面隊普通科連隊と海上自衛隊が派遣され演習が始まる。島の空港には2000mの滑走路があり、有事の際は空てい部隊の来援も可能」と分析。中国社会科学院の海洋法の専門家、王翰(ワン・ハン)氏は「日本は領有権を主張し、尖閣諸島への侵犯行為を合法化するつもりだ」と指摘する。台湾の淡江大学国際事務・戦略研究所の王高成(ワン・ガオチョン)所長は「中台関係が改善すると日本にとって大きな圧力となる。自衛隊の南西諸島配置は戦略的示威行為だ」と分析している。(翻訳・編集/本郷)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

【中国ブログ】どうして?日本のマンションが倒壊しない理由

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000174-scn-cn



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000174-scn-cn


それはね、物造りへの情熱が違うからです。

外見だけ真似してパクリ製品を作ってる中国とは根本から違います。



=======================記事内容=========================


6月27日、上海市閔行区で13階建てマンションが倒壊し、作業員一人が死亡した。中国人ブロガー柏亮氏が自ら日本の建設現場を見学に行った上で、日本の建築物の構造を紹介し、中国の不動産業界を批判する文章を発表した。以下は、その要約。
--------------------------------------------------------------
 日本で家を購入する場合、ディベロッパーから購入する住宅はどういった資材が使用されるかが記載された資料が提供される。

関連写真:そのほかの中国で報道されている日本に関する写真

 先日、上海で13階建てのマンションが建設途中で倒壊する事件があったため、私は日本ではどのようにマンションを建設するのかに興味を持った。残念ながら私が見学に行った建設現場は封鎖されていた上にすでに基礎工事も終了していたが、40平方メートルほどの土地に高さ5階の建物を建てるだけでありながらも深さ25メートルまで基礎を打ち込むのだという。

 見学に行った日は日曜日であり、付近の住民の迷惑にならないよう工事も休みであったため、具体的な構造を見学することは出来なかった。しかしながら、コンクリートに打ち込まれた太くて大量の鉄筋を確認することは出来た。

 上海の金茂大厦(高さ420m、世界第三位の超高層ビル)であれば、こうした基礎工事が行われていても全く不思議ではないが、ここは普通の住宅なのだ。日本では建物に震度8に耐えることが出来る構造が要求されるが、これほどしっかりした作りならば100年はもつのではないだろうか?

 上海のマンション倒壊に関する報告が発表されたが、人々の推測はやはり的中していたのだった。いわゆる「権威部門」の検査によるとマンション南側に盛られた土と北側に掘られた穴によってバランスが崩れ、倒壊したのだという。この分析には「おから工事」についての言及は一言も無く、このような地質にマンションを建設しても大丈夫なのかどうか、事前に調査があったのか否かについても言及されていなかった。

 一つの不動産を建てる行為には政府、ディベロッパー、施工業者、所有者という4つの利益体が存在するが、倒壊したマンションに対し、政府高官が資本参加していたことが明らかになっている。この事件に際し、すでに首を切られた役人も存在するが、上海政府の信用を挽回することは不可能である。

 暴騰する不動産価格は官と商が密接に結びついていることが原因だ。密接な結びつきはディベロッパー、販売者のコストを上昇させるため、おから工事が起きるのである。上海で発生したマンション倒壊事故は強烈な警示をもたらした。それは未完成住宅を購入するのは依然としてリスクが大きいということであり、購入の際には慎重にならなければならないということである。(編集担当:畠山栄)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

「銃声、絶え間なく」=ウルムチの父母と電話-ウアルカイシ氏

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000147-jij-int



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000147-jij-int




頭の中身が「お気楽なお花畑」の日本国民も、NHKや朝日・毎日などの反日メディアのマインドコントロールから抜け出せないと、いずれ日本もこうなる運命にある。

わたしたちの孫子が漢民族に迫害されると言う苦しみを与えないようにしたいものです。


=======================記事内容=========================


【台北7日時事】1989年春の中国民主化運動の学生リーダーで、ウイグル族のウアルカイシ氏は7日、中国の新疆ウイグル自治区で起きた暴動に関連して台北市内で記者会見し、事件当日の5日夜にウルムチに住む父母と電話で会話した際のことを明らかにした。それによると、父母は「数時間にわたって銃声が絶え間なく響いている」と述べたとし、武装警察隊の武力鎮圧により、多くのウイグル族が犠牲になった可能性があるとの見方を示した。
 同氏によると、父母は事件現場から1、2キロメートルの場所に住んでおり、銃声がよく聞こえたという。6日に改めて父母に連絡を取ろうとしたが、電話もインターネットも通じなくなり、今も連絡が取れない状況となっている。 

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

【日本ブログ】何とかならないか、中国人の礼儀作法

文字色http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000186-scn-cn



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000186-scn-cn


こいつら(中国人)には、何を言っても無駄!

逆に相手にするほうが馬鹿なのだ。

中国人を「人間」と思うから腹も立つのです。
中国人は「野生の猿」と思えば妙に納得しますから・・・。^^;

野生の猿に、刃物(軍備)を持たせてもいいのですか?
その刃物を買えるお金(経済力)を持たせてもいいのですか?
野生の猿に、むやみに餌(お金)を与えてるのは愚かな日本人ではないのですか?


=======================記事内容=========================

サーチナへの投稿の一部を紹介する。「中国人のマナーの悪さやルール無視は、もう少し何とかならないか」などと主張した。「WangDou(ハンドルネーム)」さんの投稿。以下は、その要旨。

**********

 中国に行けば、夏になると「恒例」の、シャツの前を上に上げて腹を出して歩いている男たちがいる。こういう「下品の典型」は、いいかげんに正してはどうかと考える。飛行機の中でも何人か、必ずこういう状態になる者がいる。

 飛行機といえば、着陸直後のタクシング(地上の移動)の途中で、「話」を始める輩(やから)がいる。携帯電話だ。あちこちでノキアのウェークアップ音がして、「まだ飛行機の中、走って動いているところ」などと言っているからあきれる。全員がルール無視の確信犯だ。以前は、離陸直前に携帯電話をかけている人も、かなりいた。

 鉄道にいたっては、ひまわりの種、スイカの種を食べ、殻をところかまわず捨てる。最近は少なくなったが、自分の服にまで「ペッペッ」と吐き出し、その後に立ち上がって一気に叩いてすべてを落とす。掃除する人はいるが、食すときの行為自体が汚らしいのだ。

 何とかしてもらいたいと、願うばかりだ。そんなに改善できないことなのか?

**********

◆解説◆

 マナー問題を気にする中国人は多い。しかし、なかなかなおらないのが現実だ。都市ごとにゴミ捨て禁止、痰吐き禁止などのキャンペーンが行われ、期間中はかなり改善されるが、いつの間にか「もとの木阿弥」になってしまう。もっとも、大都会ではゴミ箱の設置などが積極的に進められ、以前に比べれば、ポイ捨てなどは減っているという。

 暑い時期の「腹出し」について、中国には「天熱無君子」という言い方がある。「暑くなったら、身だしなみなどにこだわっていられるか」とのことだが、中国人によると「実際には『君子』などといえない人が、言い訳に使ったようだ」とのこと。少なくとも、最近増えてきた裕福層・エリート層の人が「腹出し」をすることは、あまり考えられないという。(編集担当:如月隼人)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

保護対象の野生トラ、村人がうっかり射殺?食べて証拠隠す―雲南省

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000027-rcdc-cn


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000027-rcdc-cn


中国人は堕胎した胎児も食べてます。



=======================記事内容=========================

2009年7月7日、雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州にある国家自然保護区内で付近の村民が誤って国家保護動物である野生トラを射殺し、証拠隠滅のために食べてしまっていたことが分かった。地元紙・春城晩報が伝えた。

同保護区のすぐ近く、モウ臘県曼納傘大臭水村に住む康万年(カン・ワンニエン)、高祖橋(ガオ・ズーチアオ)の両容疑者は2月、保護区内の川でウシガエルを捕まえるため、深夜にこっそり侵入し、野生トラに遭遇した。とっさに猟銃で打ったところ、不幸にもトラの首に命中。トラはその場で絶命した。国家保護動物を射殺してしまったことに愕然とした2人、その晩はとりあえず走って逃げた。

【その他の写真】

翌日、村の仲間を引き連れて現場に戻った2人。そこでトラを解体し、皮や内臓は地面に埋め、残りは全て持ち帰った。村に帰った一行は、そのままトラの肉などを食べてしまう。ところが、家畜を殺すことで地元では有名だったトラが急にいなくなったことに村民らが疑問を抱くようになり、森林公安機関と同保護区管理局が真相の解明に乗り出した。その結果、康容疑者らの犯行が発覚。主犯格の2人は同州森林公安局に身柄を拘束され、共犯の村民らは近くの派出所に自ら出頭した。(翻訳・編集/NN)

テーマ : 中国毒食品(食べたら死ぬで!)
ジャンル : 政治・経済

人生が二度あればもう一度防衛大学に。




自衛隊の皆様のご苦労があってこそ、我々国民は安穏とした生活を送れているのです。

その事に日々感謝するのが、分別を弁えた大人と言うものでは無いでしょうか?


ところが、日本人とされてる人の中には自衛隊を忌み嫌ってる人もいてるのが現実です。

自衛隊を嫌ってる人たちは、例えるのなら大人になりきっていない反抗期の子供と同じなのです。

親の有り難味を知らずに不平不満ばかりを口にして、挙句には自分を守ってくれてる人に対しての悪口雑言の数々を吐く行為は、人として許せるものではありません。
(現実の反抗期の子供はいつかは親の有り難味も理解できて真の大人に成長するのですが)

それはニートと称される無気力な若者よりもタチが悪い存在でもあるのです。
ニート諸君は、親のスネを齧らせてもらってることへの現実とありがたさも自覚してるからです。


「軍隊がなければ日本は攻められない!」と思い込んでる人には、一日も早く「真の大人」に成長される事を心から切望いたします。

テーマ : これからの日本
ジャンル : 政治・経済

鳩山代表らを告発=献金虚偽記載容疑で東京地検に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000095-jij-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000095-jij-soci


「鳩山由紀夫を告発する会」を激しく!熱烈に!必死に支持します!!!><><><

ついでに「小沢一郎と売国奴を中国に追放する会」も出てきてくれ!!!


=======================記事内容=========================


民主党の鳩山由紀夫代表が政治資金収支報告書に故人の名前などを記載していた問題で、「鳩山由紀夫を告発する会」を名乗る団体が3日、政治資金規正法違反容疑で、鳩山氏と会計責任者の秘書らの告発状を東京地検に提出した。
 告発状によると、鳩山氏の資金管理団体「友愛政経懇話会」の会計責任者と事務担当者は、2004~07年の政治資金収支報告書に、死亡した人物が寄付をしたとの虚偽の記載をしたとされる。また鳩山氏は資金管理団体の代表者として、06年と07年分の収支報告書の会計責任者を選任、監督するに当たり、注意を怠ったとされる。 


テーマ : これからの日本
ジャンル : 政治・経済

中華料理店、全面的な衛生検査で大部分が営業停止処分!?ーローマ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000019-rcdc-cn



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000019-rcdc-cn


これが、世界の評価だ!

中華料理は中毒料理!

中国製品は模倣不良製品!

それでも中国に生産拠点を置こうとしてる、中国進出企業の経営者はマジでバカ!

こんな中国を支持・支援・擁護してる日本人を心から軽蔑する。



=======================記事内容=========================


2009年7月1日、イタリアの華字紙「欧華聯合時報」によると、ローマ市衛生当局が中国系住民の密集するリオーネ・エスクイリーノにある中華料理店を対象に全面的な衛生検査を行った結果、大部分の店が営業停止処分となった。中国新聞社が伝えた。

検査では多くの中華料理店で衛生法や健康法の違反が見つかったほか、食品も保存方法に問題があるとして廃棄処分となった。また、一部の店では商品に価格や商標がなかったことから罰金が科せられた。

【その他の写真】

今回の衛生検査は中華料理店だけを対象としたものではないとされているものの、実際に検査が行われたのは同地区だけであり、今後他の地区でも中華料理店を中心とした検査が行われる可能性は高く、閉店に追い込まれる中華料理店が急増するのは必至と見られている。(翻訳・編集/岡田)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

<13階建てマンション倒壊>事故の原因を発表―上海市政府

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000015-rcdc-cn


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000015-rcdc-cn


コラ!
クソ中国!

地盤!地盤!って、まるでヒトゴトのように言ってるが、地盤調査も建築技術の一部なんだ!

目に見えてない部分への技術も無いくせに、一人前のモノを造ろうとするからこんな大恥になるんだ!

中国の模倣品も、中国産の毒食品も同様だ!

これ以上恥を曝す前に何もするな!
何もつくるな !




=======================記事内容=========================


2009年7月3日、上海市で先月27日、建設中の13階建てマンションが突如倒壊した事件を受けて、上海市政府は記者会見を開き、事故原因の調査結果を発表した。中国新聞社の報道。

市政府の発表では、倒壊したマンションの北側に積まれていた土砂の過重が原因の1点。土砂は10m以上の高さにまで積まれていたという。また、マンションの南側で行われていた地下駐車場工事で、地盤が4.6mの深さにまで掘られたことが2点目の原因とした。南北面で地盤のバランスが崩れ、マンションを支える支柱がそれに耐えきれなくなったことが倒壊を導いたと断定したが、測量報告や構造設計、支柱に採用したPHC杭の品質などに問題はなかったとした。

なお、先月30日付・中国経済ネットの報道では、事故に関連して主要関係者9人がすでに当局に拘束されており、不動産開発業者や施工会社と政府関係者らの密接な関係も指摘されている。(翻訳・編集/愛玉)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

<一人っ子政策>違反の赤ちゃん、養護施設が罰金代わりに海外へ!―貴州省鎮遠県

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000025-rcdc-cn


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000025-rcdc-cn


夫婦間の愛情の結晶が「子供」である。
その愛情の証を、金儲けに利用するとは・・・・。

国連って何してるんだ!
こんな中国が安保理の常任理事国だと?!

ふざけるな!!!!!!!!!

こんな中国を支持・支援・擁護してる日本人を心から軽蔑する。


=======================記事内容=========================


2009年7月2日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州鎮遠県で、児童養護施設を舞台とした「嬰児売買」ビジネスが行われていたことが分かった。一人っ子政策に違反した夫婦から罰金代わりに「施設に収容する」と嬰児を取り上げ、勝手に海外に送り込んでいたものだ。成都商報が伝えた。

同県の計画生育管理部門は超過出産した夫婦から「罰金が払えないなら施設に預ける」などと偽り、嬰児を強制的に児童養護施設に収容。施設はその後、それらを「捨て子」と偽り外国人夫婦と養子縁組させて「寄付金」を荒稼ぎしていた。中国では外国人夫婦が「捨て子」と養子縁組することは合法とされているが、その際に1人あたり3000ドル(約29万円)の「寄付金」を施設側に支払う決まりとなっている。

【その他の写真】

我が子を取り上げられた県民の1人が今年1月、インターネットの掲示板で「人探し」を始めたところ、たまたま3人の中国人養女を持つ米国人男性の目に止まった。これをきっかけに男性らが独自に調査を行ったところ、同県から米国や欧米各国に送り込まれた嬰児の数は04年が24人、05年が11人、07年は6人に達していた。全員が女児だった。

同県計画生育管理局紀律検査チームによれば、同施設では01年から約80人の嬰児が強制収容されたが、障害児2人を除く78人が欧米人夫婦に引き取られている。(翻訳・編集/NN)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

香港ディズニーランド、拡張計画を正式発表=香港ポスト

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000147-scn-cn


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000147-scn-cn



香港ディズニーランドの中のレストランでも、出てくる食事は中国産の原材料で出来たものばかり・・・。

サーチを通じて、どんなに香港のディズニーランドをPRしても、行く気にはなれない!><



=======================記事内容=========================


香港ディズニーランドの拡張計画が、筆頭株主である特区政府から発表された。テーマパークを約5ヘクタール拡張し、世界初企画の「野鉱山谷(グリズリー・トレイル)」「迷離荘園(ミスティック・ポイント)」、アジア初登場の「反斗奇兵歴奇地帯(トイ・ストーリーランド)」という3つのエリアを2014年までに順次オープン。「大野鉱山飛車(ビッググリズリーマウンテン・コースター)」など約30個の施設を設ける。

 拡張に際し、米ウォルト・ディズニー社は増資を引き受けるが、特区政府は追加融資を行わず57%の持ち株比率を51.7%まで引き下げる。また、これまで非公開だった入場者数や主な財務内容についても2008/09年度から発表するという。     

世界初の「迷離荘園」など 

 05年9月の開園当初から「小さい」と不評を買った香港ディズニーランド。入場者数は公表されないものの、政府が目標に掲げた「年間560万人」には達していないと報道され、立法会で経営改善が議題に上った。自ら遊ぶだけでなく観光資源として税金を投じた同園の拡張に、香港市民の寄せる期待は大きい。

 第1期工程の拡張について、政府は07年12月から米ディズニーとの交渉に入り、メキシコ・米国発の新型インフルエンザが世間を騒がせた今年5月1日、曽俊華(ジョン・ツァン)財政長官が自らロサンゼルスに赴いて同社幹部と最終交渉を行った。そして、香港ディズニーランドでも米国本社でもなく、曽蔭権(ドナルド・ツァン)行政長官が6月30日朝、閣議後の会見で記者団に語り、商務及経済発展局の劉呉恵蘭(リタ・ラウ)局長が同日正午に正式発表した。

 計画ではテーマパークの面積を23%増の27.5ヘクタールに広げ、探検世界(アドベンチャーランド)の外周に3つのエリアを建設する。世界唯一をうたう「グリズリー・トレイル」「ミスティック・ポイント」は完成から5年間、他のディズニーランドに同じものを造らない約束だ。政府の調査によれば、入場者の4割が香港人、6割が観光客(うち3割が中国本土)。特に20-30歳が多いため、若者に好まれる刺激的なアトラクションを増やす。

 工費は36億3000万ドル。09-14年に延べ3700人が建設作業に携わり、完成後には約600人が新たな就業機会を得る。冒頭述べたように、政府は香港ディズニーランド株の57%を保有する。1日付『信報』によると、資本への出資額は32億5000万ドルだが、インフラ整備や特別融資を含めると224億5000万ドルを投じた。一方、43%を保有する米ディズニーの出資額は24億5000万ドル。損益にかかわらず収入に応じてロイヤリティーを得ることも、香港メディアが「不平等条約」とたたくゆえんだ。

 今回、特区政府は追加融資を行わず、米ディズニーが約35億ドルの増資を引き受け、ロイヤリティーの延べ払いにも応じることとなった。(情報提供:香港ポスト 編集部・杉村朋子)

3つの新エリアの概要 
☆=世界初企画 ★=アジア初登場
※エリア名はいずれも仮称

☆野鉱山谷(Grizzy Trail)

 1888年8月8日、金脈を当てた鉱山をイメージ。トロッコで突っ走るジェットコースター「大野鉱山飛車(ビッググリズリーマウンテン・コースター)」、西部劇さながらの馬車「西部原野馬車(ワイルドウエスト・ステージコーチ)」、「懐旧監獄(オールドタイム・ジェイルハウス)」を設ける。

☆迷離荘園(Mystic Point)

 超常現象に見舞われる熱帯雨林をイメージ。風変わりな冒険家の邸宅で収蔵品を眺めて回る無軌道のライド「迷離大宅(ミスティック・メイナー)」などを設ける。

★反斗奇兵歴奇地帯(Toy Story Land)

 ディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー』のワンシーンをイメージ。アンディのおもちゃを巨大化して配置し、ゲスト自身がミニチュアのおもちゃ気分を味わえる設定。U字型の振り子コースター、高さ25メートルから急降下するパラシュートといった体感マシンを設ける。(資料・香港ディズニーランド)(情報提供:香港ポスト 編集部・江藤和輝)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

「景気後退したから政権交代」=鳩山代表が首相に反論

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000168-jij-pol


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000168-jij-pol


面白くないシャレだ!

どうせなら「僕の秘書は留置場で避暑しています!」って言ってみろ!



=======================記事内容=========================


民主党の鳩山由紀夫代表は3日午後、麻生太郎首相が東京都議選の応援演説で「政権交代は景気後退」と述べたことに対し、都内で記者団に「冗談じゃない。景気後退したから政権交代(が必要)なんでしょ」と反論。「麻生政権の景気対策が後手後手でうまく機能してこなかったから、国民が大変苦しんでいる」と強調した。
 また、都議選について河村建夫官房長官が与党で過半数を目指す考えを示したことについては「自民党が第1党になれないことを自ら暴露した。相手が既に予防線を張ったことは寂しい気がする」と語った。 


テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

中国の新型空母はこうなる?!展示“模型”、外観はロシア製空母に酷似―香港

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090706-00000028-rcdc-cn


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090706-00000028-rcdc-cn




外見はパクレても、内部は段ボール並の素材で建造してんだろ?

マッチ一本で全焼しちゃうよ~。^^;



=======================記事内容=========================


2009年7月4日、香港中華文化総会と香港青年発展協会の合同による「“祖国の光”―陸海空兵器模型展」が開幕した。建造が噂されている中国初の空母のものとみられる模型が注目を集めている。中国新聞社が伝えた。

展示会には戦闘機、潜水艦、戦車、有人宇宙船「神舟7号」など100点近くが出品された。しかしなんといっても目を惹くのが「中国航空母艦」とのキャプションをつけられた模型。主催者は香港で初めて展示された中国国産空母の模型だと紹介している。

【その他の写真】

模型の外観は中国がロシアから購入した空母「ワリャーグ」に酷似している。全長306メートル、全幅73メートル(甲板含む)、基準排水量は5万3000トンだという。航空機約40機が搭載可能だ。ただし中国の空母建造は有力視されているものの正式発表はまだなく、模型が正確な情報に基づいたものかは定かではない。(翻訳・編集/KT)


テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

<13階建てマンション倒壊>「世界9大奇跡」として地元の新たな観光名所に―上海市

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090706-00000027-rcdc-cn


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090706-00000027-rcdc-cn


ソレも言うなら「中国の大恥ベスト9」だろう?

中国人ってどうして、こんな愚かな見栄を張るのかな?

民度が低いのも大いに影響してるのはいうまでもない。


見栄・捏造・嘘・搾取・盗人・・・。

コレが中国人の本性だ。

こんな中国人を支持・支援・擁護してる日本人を心から軽蔑する。




=======================記事内容=========================


2009年7月6日、上海市閔行区で突如倒壊した13階建てマンションが新たな観光名所となり、地元では「世界9大奇跡」の1つとまで呼ばれている。中国新聞網が伝えた。

観光名所となっているのは先月27日、建設中に突如倒壊し、作業員1人が死亡したマンション「蓮花河畔景苑」。上海の地元紙によると、現場には事故当初からカメラなどを持った多くの市民が押し寄せ、5日午後(現地時間)になっても20~30人が川を挟んだ対岸で倒壊現場を見物する姿が見られた。

【その他の写真】

事故原因については上海市が3日、建物の両側に大きな圧力差が生じたことによるものと発表。倒壊したマンションの北側に積まれていた土砂の過重に対し、南側で行われていた地下駐車場工事で地盤が4.6mの深さにまで掘られたことが原因という。

だが、市民の間では政府関係者と業者との癒着による「手抜き工事」が原因ではないかと疑惑の声が上がっている。この事故は中国のネット上でも大きな関心を集め、「圧力差」は新たなネット流行語となっている。(翻訳・編集/NN)



テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

中学生相手に買春、逮捕の顧客に校長など名士ズラリ―福建

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090706-00000162-scn-cn



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090706-00000162-scn-cn


妊娠までさせてたのか?

でもね・・・中国製の避妊具は70%が破れたり漏れたりするしな・・・。

何を作らせても、ひとつとして使い物になるのが無いのが中国製だ。

こんな国に物作りさせてる日本企業も実に情けない。
=======================記事内容=========================


福建省泉州市安渓県当局が4月、女子中学生に接客させていたとして売春組織を摘発した。2カ月以上かけ調べが進むにつれ、同組織の「上客」に学校長や県工商所所長など、“名士”が名を連ねていることが分かり、地元住民もあきれ顔だ。南方都市報が伝えた。

 売春をさせられていたのは、県金火中学や華僑職業学校の女子生徒で、年齢はいずれも14歳未満だったという。女子生徒の一部が妊娠したため、保護者からの通報で売春組織の存在が明るみに出た。

 組織は成人女性数人が作り、未成年女性に接客させていた。客は計30人程度とみられており、これまでに10数人が逮捕された。逮捕者の中には華僑職業学校長や県工商所所長など、公職にある“名士”も相当数いるとされる。

 地元では「学校教師が売春組織を作った」との噂があるが、県当局は否定。ただし県当局は「近日中に同件にかんする記者会見を行う」と言ったが、取材後1週間たってもメディアへの連絡はないという。(編集担当:如月隼人)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

【中国ブログ】GDPで日本超えても、問題点は多い

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090706-00000157-scn-cn




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090706-00000157-scn-cn


GDPの額を建物の高さに例えるのなら、日本の建物は基礎部分がしっかりしてるし、建物そのものも堅固に出来ている、その上に耐震設備も完備だ。

しかし中国の建物(GDP)は、基礎は皆無で、建てつけは張子の壁紙並。
少しの振動で倒壊の恐れあり・・・。

高さ(GDP)を競っていても、内容が全く伴っていないのだ。

中国が日本を越えるのは100世代先でも不可能なのでは?



=======================記事内容=========================

中国人ブロガーの麦克羅斯(ハンドルネーム)さんは、中国のGDPが1、2年内に日本を超えるとの報道に対して、「中国人の見方は冷静」とする論評を発表した。多くのインターネットユーザーは、中国の抱える問題点を指摘したという。以下は、その要旨。

**********

 日本の二階俊博経済産業相が、中国のGDPは2008年か09年に日本を超えると発言した。日本の主要紙は大きく取り上げ、インターネット上ではユーザーがさまざまな意見を披露した。

 一方で、中国人ユーザーの反応は冷静だった。以下のような意見が目立つ。

 「中国はGDPで世界一になったとしても、貧乏国。中国は“水太り”の状態」

 「(日本とのGDP比較を)議論する必要はない。大切なのは、着実に成長していくこと。自らが強大になれば、それなりに意見もでるだろうが、日本を追い越したことで喜ぶ必要はない」

 「敗戦国の日本が、中国の数十年先を走っている。われわれは面目を失ったと考えねばならない。日本の長所をしっかりと取り入れる必要がある」

 また、中国のGDP成長が環境汚染と資源の浪費を「土台」に築かれたことを指摘する声も多い。「この不合理な現象を克服しなければ、中国の経済成長は長続きしない」、「エネルギーの欠乏、労働コストの上昇、環境の悪化により、中国のGDP成長は大きな困難に直面する」などの意見だ。

**********

◆解説◆

 同論評には多くのレスが寄せられた。「GDPの合計が日本を抜くといっても、ひとり当たりにすれば、中国は貧乏国ではないか」、「中国は金持ちになったということだろ。次は、庶民の問題を解決してほしい」などの意見がある。

 「日清戦争の時、中国のGDPは日本の4倍程度だったはず。しかし、日本は決定的な勝利を得た」との書き込みもある。(編集担当:如月隼人)

テーマ : 北京五輪の総括
ジャンル : スポーツ

地方負担見直しを明記へ=幼児教育の無償化も-自民公約

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090706-00000174-jij-pol



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090706-00000174-jij-pol


自民も民主も政権ほしさに、選挙前の無責任な公約合戦は止めてくれ!

日本国民は乞食ではないんだ!
恵んでもらって食べていてもうれしくも無い!
国民は仕事を欲しがってるんだ!
仕事をして自立した生き方がしたいんだ!
乞食にはなりたくはないんだ!

日本企業の雇用を中国から取り戻してくれ!
日本人を失業させて中国人を雇用するような政策は止めてくれ!
国民はみんな元気で健康でやる気があるんだ!
なのにどうして職場を他国に移すんだ!

国民から仕事を奪って内需拡大なんて無理って誰でもわかってる!
なのに国民から仕事を奪ってどうするんだ!

日本企業の海外進出を増長するような政策は止めてくれ!
一日も早く、誇りある日本人に戻してくれ!



=======================記事内容=========================

自民党は6日午後、麻生太郎首相(総裁)や細田博之幹事長ら執行部が衆院選のマニフェスト(政権公約)について党本部で協議し、国の直轄公共事業に対する地方負担金の軽減に向けた見直しや幼児教育の無償化を盛り込む方針を固めた。週内に原案をまとめ、党内手続きを終えたい考えだ。
 一方、意見が対立した国政選挙での世襲候補の立候補制限については、次期衆院選の適用を見送り、「次の次から」の実施を明記することで大筋合意。社会保障政策の財源となる消費税に関しては、景気回復後に消費税を含む税財政抜本改革を進めるとし、増税時期や引き上げ幅は盛り込まない方針を確認した。 

テーマ : これからの日本
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。