FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「南京!南京!」監督、日本での上映を希望=虐殺と向き合って―中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090426-00000015-rcdc-cn

断固反対!

そんあ捏造映画を情勢するのなら、チャンネル桜の「南京の真実」を全国上映してほしい!
史実に基づいた「南京の真実」では、南京陥落後の南京市民の映像もふんだんに取り入れてある。
実に、感銘する映画だったのは言うまでも無い。

捏造の「南京!南京!」とは根本がちがう!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2009年4月、映画「南京!南京!」の陸川(ルー・チュアン)監督は香港・フェニックステレビの番組「非常道」に出演した。25日、鳳凰網が伝えた。

陸監督は撮影当初、民族的な憎しみを抱いたことを認めたが、その後一部の日本人が何をしたのかを撮影することで事態の解決に役立てるのではないかと考えるようになったという。そして「私の最大の野心は『南京!南京!』を日本で上映すること」であり、同作が日本人に影響を与え、多くの人々が中国にやってきて謝罪することを希望していると話した。

【その他の写真】

「南京!南京!」では戦争を体験し、その罪を反省する日本兵が主要人物の一人となっている。一部では日本の「悪魔」を通常の人間として描いたことに批判が集まっている。陸監督は日本人を悪魔と見なしてしまえば、そのこと自体が免罪符となり、戦争だったのだからと言い逃れさせることになってしまうと指摘する。そして『萩島静夫日記』『東史郎日記』や松岡環氏の聞き取り調査『南京戦 閉ざされた記憶を尋ねて―元兵士102人の証言』などを読めば、当時の日本兵の記述が通常のものだとわかったという。そこで「南京!南京!」には「人間であるあなたがた日本人が動物に劣る行為を行った。そのことに向き合わなければならない」というメッセージを込めたと話している。(翻訳・編集/KT)


テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。