FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中国人民VS官僚】通報者を殺し屋雇って殺害する書記

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000006-scn-cn



中国の役人は共産党の党員だから、少々の事をしても死刑にはならないようだ。
無期懲役でも、数年で娑婆に出てくるのは確かだろう。

まさに、中国は共産党員のためだけにある腐敗国家というわけだ。

こんな中国を支援してる日本の親中の売国奴は実に罪深い限りだ。
心ある日本人として、せめて抗議の意味をこめて中国産や中国製には手を出さないようにするべきでは?


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


杭州市中級法院は23日、打鉄関社区居委会の元書記・陳連栄に対し、無期懲役の刑を言い渡した。なんとこの元書記、自分が経営する企業の違法行為の告発者を殺し屋を雇って殺してしまったのだ(社区は、中国における最小の行政単位で、ひとつの団地レベルの大きさ。打鉄関社区は杭州市最大規模の社区の1つだった)。

 打鉄関社区の書記だった陳連栄は2001年、同社区が共同運営する杭州市新星企業公司の株式51%を取得し、法廷代表人となる。2004年8月には全株式を取得し、同社は陳連栄が所有する私企業となった。住民から同社への不満が出始めたのは、その頃からだった(陳連栄は2007年、同社を約21億円で譲渡している)。

 不満を募らせた住民70人は2005年6月、同社が社区内の緑化用土地を違法占拠していると関係省庁へ連名で通報した。その運動の中心人物が後に殺されることになる沈水根氏だった。彼への報復行為はこの時から始まっている。しかし、沈氏はひるむことなく、違法建築や土地譲渡金の隠ぺいなど同社の違法行為を次々と訴えていった。その度に暴行を受けたり、金を脅し取られたりしていたが、幸い命に別状はなかったという。

 しかし、2008年2月2日、陳連栄が雇った殺し屋に刃物で刺された沈氏は、ついに帰らぬ人となった。

 陳連栄に言い渡された刑は、無期懲役および汚職により得た315万元(約4500万円)の返還と比較的厳しいものだったが、ネットユーザーは異口同音に「こんな奴は死刑が当然」と怒りをあらわにしている。(編集担当:古川則仁)
プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。