FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中国人民VS官僚】被災者の住宅再建補助金を巻き上げる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000012-scn-cn



一般人民=少数民族VS中国共産党=官僚だ。

少数民族に勝ち目は無い。

うかうかしてると、日本人も同じ憂き目にあうぞ!

加藤紘一みたいな代議士を選出してるようでは、マジで危ない!




=======================記事内容=========================



昨年5月12日に起こった四川大地震。四川省綿陽市三台県では、震災後さらに豪雨に見舞われ、土砂崩れや土石流が発生。多くの家屋が洪水によって流されてしまっている。「住宅の修復」を再建の最重要課題とした中国政府は、被災者に対して住宅建設補助を行ったが、先日、三台県政府の3人の幹部が、架空の“再建手数料”を被災者に請求し、不正に金銭を徴収していたことが明らかとなり、問題になっているという。

 この事件で収賄の罪により逮捕されたのは、三台県金鴨村支部の書記・左都元と会計の易徳銀、主任の安心武の3人。配分される住宅戸数に限りがあることと、その場所を決める権利が自分たちにあることを利用したこの3人は、結託して、住宅斡旋などの便宜を求める村民に対し、巧妙に金銭の無心を行ったとされている。

 今年3月上旬、新たに建設された住宅4戸の抽選会があったのだが、その時“当たりくじ”を引いた4人の村民すべてが、問題の幹部に何らかの“プレゼント”を贈ったことのある人物だったらしい。これを不審に思った村民の告発により、事件の全貌が明るみに出ることとなった。

 三台県検察院の調査によると、この3人が家屋の再建に必要と称して村民に請求した金額は、合計で28700元(約40万円)にも及ぶとされる。裁判所は、1審判決で7年の有期懲役をこの3人に下し、不正に徴収された“手数料”は、全額被害者に返還されるという。

 天災からの復興が“人災”によって妨げられる現状は、早々に改められなければならない。(編集担当:井上洋一郎)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。