FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中国ブログ】日本の救世主こそが「中国の若年層だ!」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090724-00000087-scn-cn



思い上がるな!中国猿!

マスコミは報道しないが、中国人犯罪の増加は目に見えて増えてきている。

それでもって何が「日本の救世主」だ!

犯罪者は犯罪国家である中国にすぐさま戻ってしまえ!


=======================記事内容=========================


金融危機の影響が世界に蔓延する中、中国経済は着実に影響力を増している。日本も少子高齢化などで国内需要の減退が危惧されているが、中国人ブロガーが「中国の若年層が日本経済を救うだろう」とする文章を自らのブログに掲載した。以下は、その要約。
---------------------------------------------------------
 日本人の若年層は消費意欲がないと言われており、老人たちも財布の紐を締めていることから、日本国内の消費は低迷している。「どこで商品を売れば良いのだ?」とため息をつく日本企業は、販売対象を変えれば問題は解決するだろう。中国で1980年代に生まれた世代、いわゆる「80後」の消費意欲はすさまじく、販売対象としては最適だろう。

 「80後」はそれ以前の世代と異なる点は、基本的に「一人っ子」であり、ドラえもんやスラムダンク、東京ラブストーリーなどの日本文化を熟知している点であり、彼らは改革開放後の市場経済とともに成長してきた世代である。

 中国の「80後」に関する調査をまとめた『中国新人類80後成為日本経済的救世主』という本がある。本の著者は消費傾向の角度から「80後」を4つに分類している。ブランドが大好きなグループ、社会的理念を持って消費活動を行うグループ、欲しいものは何が何でも手に入れようとするグループ、長期的視点を持って消費活動を行うグループの4つである。

 これら4つのグループに当てはまる人は日本にも存在するだろうが、決定的な違いは中国には「80後」が約2億人も存在するということだ。著者が中国の地方都市を調査していた際、日本製品は需要に供給が追いつかない、いわゆる需要過多の状況が発生していることを発見したという。つまり今こそが日本企業にとってはビジネスチャンスであり、「80後」こそが日本企業の希望の光なのだ。(編集担当:畠山栄)

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。