FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の飲食店「日本人と犬お断り」で物議、7割「支持」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090722-00000151-scn-cn


ま、中国旅行してる中国が好きな日本人なんか、真っ当な日本人でも嫌うよね。




=======================記事内容=========================

雲南省昆明市の飲食店が「日本人と犬の立ち入りお断り」と表示していたことが分かった。現地インターネットメディアの雲南網が伝え、人民日報系の環球網も22日に転載した。記事は店側を批判したが、環球網が行ったアンケートでは7割以上が「店側を支持」と回答した。

 問題の店は酒などを提供しており、入り口の周囲にはさまざまな表示が貼られている。うちひとつが「日本人と犬の立ち入りお断り」だ。店主によると、店を開いたのは2年あまり前で、貼ったのは1年あまり前。警察官に「不適切」と注意されたことがあるが、自分のやり方を貫くという。

 店主は、「中国人のひとりとして、日本人が中国を侵略し、中国人を虐殺した歴史の一時期を忘れてはならない。自分のやり方に問題はないと考えている。表示を撤去するつもりはない」と主張した。

 環球網は、「日本人と犬」を批判する意見だけを紹介した。市民のひとりは「浅はかなやり方だ。日本人の客は来なくなる。それだけの意味しかない」と述べたという。市内の法律事務所で主任を務める劉愛国弁護士は「このような表示は人種差別とみなされる。非文明的で差別的だ。別の角度から見れば、大衆を扇動していると言える」と批判した。

 環球網は、「恥辱と苦痛の歴史を忘れてはならないが、それが恨みをはらすものであってはならない」と主張した。「かつて存在した『中国人と犬は入るべからず』との表示の屈辱を、中国人は忘れることはできない」、「日本の侵略で、南京大虐殺をはじめとして、中国は多くの苦痛を味わった」とした上で、「世界は発展した。中国も、過去のように見下される国ではなくなった。平和と親善を促進せねばならない」と論じた。

 同記事について環球網が設けたアンケートでは22日午後5時30分現在、「店側を支持する」とした回答が71.5%で圧倒的に多い。「反対」は23.7%、「分からない」は4.9%。

 書き込みでも、日本に対する敵対心を示す意見が多い。「言論の自由だ」、「日本人に思い知らせろ。中国人全員が、奴らを歓迎しているわけではない。日本人はゴミ民族だ」などがある。「日本人だけでなく、韓国人も加えろ」、「米国人もだ」などの意見もある。

 店側に批判的な書き込みとしては、「偏屈で心が狭い。こんなことをしていたら、多くの人に馬鹿にされるだけ。日本人が見たら、『なんとレベルの低いことか』と笑い出すだろう」、「もう少し頭を使え。口先だけの行為だ。こんなことをしていたら、日本人を含め、外国人は来なくなる。それで商売が成り立つのか」などがある。(編集担当:如月隼人)
プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。