FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中国ブログ】総選挙から再注目「米国は日・中どっち取る?」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090831-00000042-scn-cn


今回の選挙結果で、アメリカンの外交で重視するのは間違いなく中国だ。

なぜなら、民主政権は中国の傀儡的な政権であるのは間違いが無く、日本はすでに主権すら失ってるのは言うまでも無いからだ。

「三国人参政権」や「三国人移住の自由化に伴う三国人への日本国籍の安売り」止めに「アジア通貨の設立」の政策がその証拠だ。

今回の選挙で、民主に投票した多くの日本の有権者の愚かさを、必ず痛感させられる日も遠くは無い。



=======================記事内容=========================

日本の総選挙で民主党が圧勝した現在、中国でも台湾紙「中国時報」がこれまでに発表したコラム『日本は米中どちらを選択するか』という文章が、再び注目を集めている。以下に紹介するブロガーもコラムを転載し、日米中の今後の関係発展に関心を示した。以下は要約。

---------------------------------

 中国、米国、日本の3カ国協議が今年7月に行われる予定だったが、延期の日程が未定のまま取り消された。日本のメディアは、米中間の戦略的経済対話の加熱に敏感な反応を示した。日本は米中関係の「急接近」にやきもきしている。中国は今や、数年前には想像もできなかったが、国際舞台で経済的、政治的な一挙手一投足が注目される大国に成長した。米国はもはや、国債の「大口顧客」としても、朝鮮半島の非核化に影響を及ぼすだろう中国を、これまでのようにないがしろにできず、友好姿勢を強めるしかなくなっている。

 しかし、米国は本当に日本を捨てて中国を取るだろうか? それは絶対にありえないことだ。米国の対中国、対日本の利害は根本的に違う。
また、米国の日中両国への態度にも違いがある。日本に対しては、60年来の信頼関係に基づく、安心感を抱いている。一方の中国に対しては、「急接近中」の割には、気を許しておらず、日本、オーストラリア、インドなどの共通の価値観を持つ盟友らとともに、中国に対処しようとしているのがわかる。

 だからこそ、日本は何を取捨選択するのかが大事になってくる。日本は現在、G8での地位も定まらず、国連常任理事国入りの実現も遠い。政権が民主党に移った場合の新たな体制が読めなければ、全幅の信頼を置いた米国にもある日、背中を向けられてしまう可能性だってある。

 日本が考えるべきは「親米・親中」ではなく、米中間における日本独自の地位を築くことだ、と語る有識者もいる…それにしても、日本も大変だ。(編集担当:金田知子)

プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。