FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光母子殺害実名ルポ 元少年側差し止め申請 著者「言論の自由への挑戦」

人権派を主張するこのての作家の言動は常識を常に逸脱しているのは言うまでも無い。

そもそも、小生は「作家」と言う生き物を信用はしていない。
小説家や作家が真実を語る人種ではないと思うからだ。

事実を事実のままに何の脚色もなしに書き上げてたら、それは小説ではなく単なる観察日記でしかない。
そこに作家の考えで脚色もし、うそも交えて感動的に文章をまとめてこそ人々に影響を与える作品となるからだ。

そして人々はそんな作品を読んでは感動に浸り、そして作家を崇拝し神の如くに称えてる。
全く馬鹿げた話だ。

かつて、ノーベル文学賞を取得したO・K氏もまさにそれと同類だ。
歪んだ自虐的な戦争観を基にして、今も沖縄の人々の心に波風を立てて食い繋いでいる作家でしかない。


今回の光市母子強姦殺人事件の犯人を基にした本の出版も、常軌を逸した暴走でしかない。

彼女の言う「言論の自由への挑戦」とは言い換えれば、自分の満足する主張への挑戦なのであって、言論の自由とは一線を画しているのは否めない。

はじめに書いたように、もうひとつ作家を信用しないのはこう言う言動があるからだ。
文系は自分で考えてはいるが、誰かに考えさせられてるだけなのだ。
極左思想や、人権思想に歪められた思考回路では、そのうちに考えが自分でもどの方向を向いてるのか判らなくなり、挙句に「無理付け」で結論に達して、悦に入ってるとしか言えない。

殺人者は殺人者だ。
幼い赤子を床に叩きつけて殺し、若い母親を強姦レイプし殺害した極悪少年の心をも傷つけての売名的な出版こそ、この世で最大の人権への挑戦ではないだろうか。



=======================記事内容=========================


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091007-00000042-san-soci


山口県光市母子殺害事件をめぐり、被告の元少年(28)=差し戻し控訴審で死刑、上告中=を実名で記したルポルタージュ本の出版に対し、元少年の弁護団が出版の差し止めを求める仮処分を広島地裁に申し立てたことが6日、分かった。

 少年時の事件で家裁の審判を受けたり起訴されたりした人の氏名は少年法61条により報道が禁止されており、新聞、テレビなどは元少年を匿名で報じている。

 東京・霞が関の司法記者クラブで同日、会見した著者で大学職員の増田美智子さん(28)は「本人の承諾は得ており、問題はない。元少年の人物像を知ってもらうためにも必要なことだ」と反論した。本は「A(実名)君を殺して何になる」(インシデンツ刊)で、増田さんが昨年から計25回にわたり元少年と面会、元同級生などを取材して執筆した。

 増田さんによると、今年3月に元少年から実名出版の了解を得たという。しかし、9月になり元少年の弁護団から「事前にチェックさせてもらう約束があった」との要求があり、実名出版についても「本人は了解していない」と主張してきたという。

 増田さんは、「弁護団の要求は言論の自由への挑戦」と反論している。

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。