FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中国ブログ】中国人が暴露!「フランスの寿司職人は全員中国人」

大虐殺者・胡錦濤の靴を舐めてでも中国と貿易したいフランス人に、本当の寿司なんか勿体無い。

中華のまがい物の寿司で充分なのでは?

良いものを美味しく食べてもらおうという気持ちで握ってる日本の寿司職人の味がわかるのは、心ある人間だけって事。



=======================記事内容=========================

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091028-00000015-scn-cn



中国人ブロガーの渣渣さん(ハンドルネーム)が「お寿司(すし)にまつわる不思議な現象」と題する文章を自らのブログに掲載した。ブログの資料によると、渣渣さんはフランス在住らしく、掲載している文章もフランスに関するものが多い。

 文章では、「フランス人は寿司が大好きだ。しかし、フランスで日本食レストランを営んでいるのは正真正銘の中国人であり、厨房を含め、店で働いている従業員も全て中国人だ」と指摘し、フランスの日本料理店の実態を暴露した。

 続けて渣渣さんは、中国人が作る寿司のできは良く、味も文句のつけようがないほどだと語る。また、地中海産のサーモンやいくら、アボガドを中心に、ネタの種類は豊富に取り揃えられていると紹介した。

 さらに、「魚の塊を切り、一握りのご飯の上に載せるのが最も簡単な寿司だが、ワサビと甘みのある日本の醤油につけて食べると、その味は絶妙だ」と評価したうえで、「フランスにいる多くの中国人が寿司を自宅で作って食べている。安くて衛生的なことがその理由だが、皆が自分のアイディアに基づいて、好きなネタで寿司を作っている」と紹介している。

***********************
◆解説◆

 海外にある日本食レストランは欧米を中心に約2万店を超えるが、なかには日本食レストランと称しつつも、本来の和食とはかけ離れたメニューの料理を出す店も少なくないという。

 2006年、「日本食レストランへの信頼度を高め、農林水産物の輸出促進を図るとともに、日本の正しい食文化の普及や我が国食品産業の海外進出を後押しすること等」を目的として、農林水産省が海外の日本食レストランへ認証制度を導入しようとする動きがあったが、欧米のマスコミから「寿司ポリスだ」との反発を受け、断念した経緯がある。(編集担当:畠山栄)
プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。