FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<クリスマス商戦>「中国製」でもお構いなし!わずか8ドルの電動ハムスターが大人気―米国




安物=危険=中国製



=======================記事内容=========================

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091127-00000025-rcdc-cn


2009年11月17日、クリスマスまであと1か月あまりに迫ったが、毎年この時期になると、米国ではプレゼント用として爆発的な人気商品が誕生するのが恒例となっている。今年の大ヒット商品となったのは、わずか10ドルにも満たないおもちゃのハムスター。各店舗では売り切れが続出し、ネットオークションで数倍の値段がつくほどの人気となっている。台湾・中央通訊社(CNA)の報道を中国新聞社が伝えた。

人工知能を備えた電動式のハムスター「Zhu Zhu Pets」は、今夏に某米企業が発売した商品で、単体でわずか8ドルという価格設定。米・大手小売りチェーンのウォルマートやターゲット、トイザらスなどが扱っているが、もはや店頭で購入するのは困難な状態となっている。それでも取扱店前には入荷待ちの行列が夜通しで鎮座したり、店舗によっては「お1人様4点まで」と購入点数の制限を設けたりするなどのフィーバーぶり。

【その他の写真】

本体のハムスターには40種類以上の効果音が仕込まれ、鳴いたり走ったり、車を運転したりとさまざまな愛らしいパフォーマンスを見せる。遊び場やホイールなど付属のアクセサリーも種類が豊富で、これらを抱き合わせたセットは10ドル~90ドルまでが各種揃っている。

商品の人気の秘密について、玩具市場アナリストのLaurie Schacht氏は「Zhu Zhu Petsは『面倒を見る必要がないペット』というコンセプト、安価な価格設定、充実したビジュアルや機能面で人気が出たのだろう。起毛のぬいぐるみなどと違い、アレルギーなどの心配がないことも安心感につながった」と語る。

ちなみに、この商品の取扱説明書を見ると「中国製」と記されている。中国製玩具と言えば、07年9月、米玩具メーカーの生産を請け負った中国の工場から鉛を含んだ製品が大量に見つかり、大きなリコール騒ぎとなったが、中国製玩具も今年のクリスマス商戦にはしっかりと「復活」を見せつけたことになる。(翻訳・編集/愛玉)
プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。