FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ノンフィクション>第1回田原総一朗賞、大賞は「該当作なし」

第一回目なのに、寂しい限りですね。^^;

って言うか、実は受賞者に拒否られてるのではないのかな?

実際、田原総一郎から賞を手渡されても、その後は「反日作家」としてでしか生きていけないし、
自由な作家活動すら出来なくなってしまいますし・・・。

テレビや新聞のメディアでは極左&反日が主流とされてるけど、実際は誰もが今の日本の現状に嫌気が差してるのを現代の作家は見抜いてる。

来年からは、田原総一郎の息のかかった作家に「手前味噌&お手盛り」式の授賞式にしたら如何でしょうか?






=======================記事内容=========================


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091130-00000017-maiall-soci


優れたノンフィクション作品を発掘する「第1回田原総一朗ノンフィクション賞」の選考が行われ、活字部門、映像部門ともに大賞は「該当作なし」と決まったことが30日発表された。ただし、選考過程で、「将来、時代と切り結ぶ可能性を秘めた作品に出会えた」として、奨励賞に松林要樹さん(30)の「花と兵隊」(映像部門)、佳作に満若勇咲さん(23)の「にくのひと」(映像部門)と大瀬二郎さん(41)の「アフリカ大戦の亡霊」(活字部門)を選んだ。

 田原さんは、「私はいまでもこのノンフィクション賞に自分の名前を冠することへの拒否感があります。しかし最終的に諾としたことは確かです。僕が読んでドキドキする作品、時代を壊す作品を期待し、それを大賞の基準としました」とコメントしている。

 応募総数は、活字部門が289作品(最終ノミネート13作品)、映像部門が17作品(同2作品)だった。選考委員は田原さんのほか、ジャーナリストの魚住昭さん、元外交官の佐藤優さん、作家の宮崎学さん、作家の中沢けいさん、ジャーナリストの坂本衛さん。【浜田和子】
プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。