FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都圏に勝てる「大関西圏構想」を 目指せ「坂の上の雲」



関西、とりわけ大阪を嫌ってる首都圏の考えのままだと、本当に西日本全体が経済的にも文化的にも衰退してゆく。

実質的に大阪の国税局は企業の東京集中という国策のために大阪の企業を徹底して査察し、所謂イジメ的な税務調査を毎年行っている現実がある。

通常、首都圏を含む他の地域では一企業に対して数年に一回の査察なのだが、このような理由で毎年行われているのだ。
そのイジメに耐えかねて、多くの大阪発祥の企業が東京へ移転していることを知っていてもらいたい。



さて。
そんな攻撃を防ぐためにも、地方分権は絶対に必要である。
東京に一極集中していたら、中国や北朝鮮などの邪悪な国によって東京に核爆弾を撃ち込まれたら、政治機能も経済機能も一斉に崩壊してしまうのだ。

危機管理の面からも、東京一極集中は大変に危険という事も知っておくべき。

また、東京一極集中は東京の人々の生活にも大きな弊害が出ている。

例えばランチだ。
大阪では、通常のランチは600前後が常識的な価格だ。
安いところだと、380円のカツ丼もあり、これがまた旨い!><
おまけに味噌汁もついているから、泣けてくる!


ところが丸の内辺りでランチでも食べようものなら、1000円は下らない。
下手したら、2000円もするから、食べる前から脱糞モノである。

2000円もあれば小生なら一週間は生き延びて見せよう!^^;


「自分は日本の都に住んでいる」というプライドの代償がランチの価格に跳ね返ってきてるのだ。
他には、住宅価格もあるし、見過ごせない価格格差は山ほど存在する。

では何故、そういう政策で東京だけを栄えさせるのか?
それは、全ては政治家の利権である。

小沢一郎を代表するように、亡国の政治家は私利私欲でしか物事は行わないのであるからだ。










=======================記事内容=========================



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100116-00000528-san-pol


「もう四国、中国の枠組みにこだわっている時代じゃない」-。8日、関西周辺の知事らが大阪市で開いた「関西広域連合」の設立準備部会の閉会後、広域連合への参加を表明した徳島県の飯泉嘉門知事は、報道陣にこう語った。

 関西といえば、一般的に大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、兵庫県、和歌山県の2府4県を指す場合が多い。しかし、四国地方の徳島県と中国地方の鳥取県が名乗りを上げたことに全国の関心が集まっている。

 「中・四国でも広域行政が盛り上がる突破口になればと思ったのが、加わった理由」と説明する飯泉知事。当初は、飯泉知事の“スタンドプレー”に四国知事会でも衝撃が走ったが、最近は「前向きにとらえられるようになった」という。

 準備部会では、大阪、兵庫、京都、滋賀、和歌山、鳥取、徳島の2府5県が関西広域連合の設立に合意した。複数の都道府県で構成する全国初の広域連合は、国からの権限委譲の受け皿となる地方分権の担い手と位置づけられている。

 なぜ、関西は地方分権にこだわるのか。関西は、首都圏とは一線を画した独自の経済圏を形作ってきたが、近年は企業の東京移転や工場の海外流出で、著しい地盤沈下に見舞われている。事実、日本の国内総生産(GDP)に占める関西の比率は2割を切り、4割弱を占める首都圏とは大きく水をあけられている。

 このため、広域連合を「東京一極集中」に対抗するための起爆剤と期待する声は大きい。飯泉知事は「2府4県では、首都圏に勝てない。だから、中・四国地方も(関西広域連合に)入っていいんじゃないか」と主張する。「大関西」をつくるべきだとの考え方だ。

 ただ、各府県知事は広域連合の設立には合意したものの、設立のタイムスケジュールには温度差がある。政府の地域戦略会議が今夏にも「地域主権戦略大綱」を策定することから、大阪府の橋下徹知事は「夏までに広域連合を発足し、国に分権を迫ることが大事」と主張。これに対し、滋賀県の嘉田由紀子知事らは「議会の理解を得るためには時間が必要」と慎重姿勢を見せた。

 だが、関西の動きに触発されたのか、首都圏でも広域連合に向けた動きが盛り上がってきた。広域連合の発足で首都圏に後れを取れば、関西のまとまりの悪さを露呈することになり、もはや首都圏への対抗手段がなくなってしまうかもしれない。

 閉会後の記者会見で、橋下知事は「(設立が遅れれば)地域主権の大きな流れに乗りきれない」と焦燥感をあらわにした。

 広域連合の設立に尽力してきた関西広域機構の秋山喜久会長は、昨年末にテレビドラマ化された司馬遼太郎氏の小説「坂の上の雲」を引き合いに出し、「雲がない時代になり、自分たちで地域主権という大きな雲をつくった。経済界としても、国の閉塞(へいそく)感を打破するきっかにしてほしい」とエールを送った。
プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。