FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下鉄車内で「ズボン脱ぐ若い男女」が続出、当局が禁止令―広東



大阪の西区にある、中国総領事館の外交官ですら上着はダウンでも、下半身は小汚い白いパッチだけで、隣接するスーパーに買い物に来る国だ。

「これでもエリートとされる外交官か?」と我が目を疑いました。
お近くの方は、ウオッティングしに来て下さい、面白いですよ。^^;

中国とはそういう国らしいです。



=======================記事内容=========================


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100119-00000026-scn-cn



広東省広州市の地下鉄運営当局は18日、「車内でズボンを脱ぐ行為を禁止する。あった場合には、各種手段で阻止する」と発表した。このところ、地下鉄車内で「低炭素生活をアピールするシンボル的行為」と称して、ズボンを脱ぐ若い男女の一群が出現しているためで、17日正午ごろも同市の地下鉄2号線で約20人が一斉にズボンを脱いだという。信息時報が伝えた。

 「低炭素生活アピールのため」と主張して、地下鉄車内でズボンを脱ぐ行為は、米ニューヨークで始まったとされる。広州市では、11月に開催されるアジア競技大会を「歓迎するため」との意味も追加された。17日に地下鉄2号線内でズボンを脱いだ男性によると、「これまでに9回行った。参加者は増え続けている」という。

 インターネットでは「使い捨てのカップ、割り箸、電池などをやめる方が本質的な意味がある」との批判がみられるが、ズボンを脱ぐことは「結局、遊びだよ。あんまり論理的に考えると興ざめだ」と主張。ただし、「糸や布の生産、ズボンへの加工、染色、輸送、洗濯、アイロンなどで莫大(ばくだい)な二酸化炭素が発生することも事実」という。

 “ズボン脱ぎ”に対しては、「西洋かぶれ。なんの新鮮味もない。環境保護にこじつけているだけで、くだらない行為」との批判もある。

 地下鉄運営当局によると、“ズボン脱ぎ”を見かけた女性から、「あまにも下劣な行為」とする非難の電話もあったという。「野放し状態」との批判が高まったこともあり、当局は「受け入れられない行為。今後は発見し次第、各種手段で阻止する」と表明した。

 環境資源管理会社の試算によると、インドネシアで生産された布を台湾で加工された、水洗い可能な重量400グラムズボンを英国の消費者が購入した場合、2年間にわたり使用し、摂氏50度の温水で92回(週1回)洗濯し、そのたびに乾燥機を使いアイロンがけしたとすれば、自重の約117倍の47キログラムの二酸化炭素を排出することになるという。(編集担当:如月隼人)
プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。