FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<米中>「蜜月」から一転、今年は問題山積み=「グーグル問題」がカギか―SP紙





そもそも、中国なんかと共存共栄を図ろうとしてるほうが狂ってるとしか見られないだろう。

金に目が眩んだ共産主義者ほど怖いものは無い。




=======================記事内容=========================


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100126-00000017-rcdc-cn



2010年1月24日、シンガポールの華字紙・聯合早報は今年の米中関係について、「良好だった昨年と違い、年明けからあまり芳しくない」と報じた。環球網が伝えた。

昨年はオバマ大統領が訪中し、米中両国は「共通の試練に立ち向かうためにパートナーシップを築く」ことで合意、両国関係は新たなステップへと踏み出した。しかし、今年は年明けからあまり芳しくない様子。中国外交部の何亜非(ホー・ヤーフェイ)副部長によれば、今年の両国には「米国による台湾への武器供与」「オバマ大統領とダライ・ラマの会見」「貿易摩擦」という3つの懸念が横たわっている。注目のグーグル問題については、「両国関係に結びつける問題ではない」と強調した。

【その他の写真】

一方、米シンクタンク「アメリカ進歩センター」(CAP、Center for American Progress)は、米側が最も気にしているのはグーグル問題で、台湾への武器供与とダライ・ラマ問題がこれに続くと指摘した。記事は「米側の言い方を借りれば、『インターネットの自由』は両国にとって重要な議題の1つ」と指摘、「米中関係の“ムード”を決めるのは、グーグル問題に他ならない」とした。

グーグル問題をめぐっては21日、クリントン国務長官が中国のネット規制を批判する姿勢を示し、サイバー攻撃を受けたとされる件についても中国当局に徹底した調査を求めた。これに続きオバマ大統領も問題視していることが伝えられたが、中国の政治評論家はこうした一連の動きに対し、「米政府による計画的な策略」と解説している。(翻訳・編集/NN)
プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。