FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤田まことさん死去、76歳=「必殺」シリーズ、「てなもんや三度笠」

小さい頃、テレビのスイッチを入れても暫くは画面が写らない時代の白黒テレビの前で「てなもんや三度笠」をかじりついて見ていました。

「白木みのる」(西川きよしの師匠)さんの「ちんねん坊主」との掛け合いは、小さくて意味すら判らなかった年齢でしたが、そのテンポのよさに笑っていました。

長い間、テレビで楽しませてくれてありがとうございます。

ご冥福をお祈りいたします。

『オレがこんなに強いのも、当たり前田のクラッカー!』


=======================記事内容=========================


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100218-00000082-jij-soci


「必殺仕事人」「てなもんや三度笠」などのテレビ番組や映画、舞台で活躍した俳優の藤田まこと(本名原田真=はらだ・まこと)さんが、17日午前7時25分、大動脈瘤(りゅう)破裂のため大阪府吹田市の病院で死去した。76歳だった。葬儀は近親者で行う。喪主は長男知樹(ともき)さん。
 東京都豊島区に生まれ、京都市で育つ。父親は無声映画時代のスター俳優、藤間林太郎。高校卒業後に芸能界に入り、歌手や物まね、漫談などの活動を経てコメディアンに。1962~68年に放送されたテレビのコメディー番組「てなもんや三度笠」で主人公あんかけの時次郎を演じ、「おれがこんなに強いのも、当たり前田のクラッカー」のギャグが全国的な人気を得た。
 「てなもんや」シリーズ終了後は不遇な時期が続いたが、73年のテレビ時代劇「必殺仕置人」で、家庭や職場での頼りない姿と冷酷な顔を併せ持つ江戸町奉行所の同心、中村主水役に抜てきされ、新境地を開いた。
 「京都殺人案内」「はぐれ刑事純情派」「剣客商売」シリーズなどの人情味あふれる役柄で親しまれたが、映画「日本の青春」「明日への遺言」などで見せたシリアスな演技も評判に。ミュージカル「その男ゾルバ」に主演したり、歌手としても活動したりするなど、多方面で才能を発揮した。
 08年に食道がんが見つかるが、治療に専念して復帰。しかし、出演予定だった09年のテレビドラマ「JIN-仁-」を慢性閉塞(へいそく)性肺疾患の治療のため降板、再び療養生活を送っていた。02年に紫綬褒章を受章。 
プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。