FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明太子の起源は韓国!韓国の食品メーカー社長の発言が話題に



出た~~~~!

朝鮮人の阿保発言!!!!^^;

自分でこんな事言ってて恥ずかしくないのかな?

全く呆れるばかりだ。^^





==================記事内容====================


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100325-00000059-scn-kr


韓国で、高品質な明太子市場を開拓するために開発されたという「キム・テワン明太子」が、消費者から好評を得ているとして、複数の韓国メディアが報じている。

 創業者自らの名を冠したこの商品を販売するキム・テワン氏によれば、最近になって日本産の明太子が日本市場のみならず、世界市場を占領し、明太子の発祥国が日本と誤って知らされている状況を遺憾に思っているという。

 2008年に今西一氏と中谷三男の共著によって出版された「明太子開発史」によると、明太子は朝鮮半島の保存食だったスケトウダラの卵の塩・トウガラシ漬けの「明太(韓国読みではミョンテ)」を明治後期に、半島に居住していた日本人が「明太子」と命名。釜山の日系商店、樋口商店が、本格的に量産・製造を始めた。同時期の1905年に関釜連絡船が就航し、下関に明太子がもたらされたとされている。

 テワン氏は、日本の有名専門フード会社の株式会社やまやフーズで、23年にわたり研究開発業務に参加していた経験があり、自国の食べ物のグローバル化とともに、明太子の発祥国は、日本ではなく韓国だと世界に伝えたいという思いが、この明太子ブランド開発のきっかけになったと語っている。

 また、韓国の一部メディアでは日本は外国の食べ物を受け入れ、自国の食べ物として、再創造する技術が卓越している。キムチにしても、明太子にしても同様だ。韓国の代表的な食品といえる明太子は、日本では一つの分野にまで発展したが、我が国ではせいぜい塩辛でだけ食べる水準に止まっているというのが残念だとする、テワン氏のコメントも伝えられている。(編集担当:李信恵・山口幸治)

プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。