FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマランチ氏死去:中国では「恩人」たたえる論評が続々

神聖なオリンピックで巨財をなした男だ、同情は無用である。


==================記事内容====================


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000015-scn-cn


国際オリンピック委員会(IOC)名誉会長のフアン・アントニオ・サマランチ氏がスペインのバルセロナ市で現地時間21日、死去した。89歳だった。世界的にサマランチ名誉会長に対しては「功罪」ともにあったとする見方が多いが、中国では同名誉会長を称える論評が圧倒的だ。

 中国人にとって、サマランチ氏は2008年の北京五輪開催に尽力した「恩人」だ。開催決定後にチベット問題などで中国批判が高まった際にも「五輪を利用して中国を非難すべきでない」などと、擁護に努めた。

 新華社は22日未明、「サマランチ―中国人民の古き友、思慕の心は失いがたい」とのタイトルで論説を発表した。「会長在任は21年間、最も五輪に貢献した人物であることに疑いはない」などと論評。1996年のアトランタ大会で、中国卓球のトウ亜萍選手に金メダルが授与された際のエピソードにも触れ、「サマランチ氏の表情は慈愛にあふれていた」などと記した。

 新華社はその他にもサマランチ氏と中国の長年にわたる「深い縁」を列記。回想録でも「私は世界で多くの名誉学位や称号をもらったが、最も大事にしているのは、『中国の人々のよき友』と呼ばれるようになったことだ」と紹介した。

 新華社以外の中国メディアも、「サマランチ氏が五輪に復興の道を歩ませた」、「中国のオリンピック招致に力強いアシスト」、「世界のスポーツ人が尊敬」など、同氏を称える記事を続々に発表した。

**********

◆解説◆
 サマランチ氏の「功」は、何と言っても経済面での五輪の建て直しだ。1976年のモントリオール大会は大赤字。80年のモスクワ大会は西側各国がボイコットし、ソ連が国家の威信をかけて開催。IOCにとって84年のロサンゼルス大会が五輪再建の「正念場」になったが、サマランチ氏らはテレビ放映権やスポンサーで新制度を導入し、五輪大会を一挙に「黒字体質」に転換した。

 一方で、巨額の金が動くようになったことで、不正も表面化。98年開催のソルトレイクシティー冬季大会招致では、IOC委員の不正な金品受け取りが発覚した。

 五輪の「うたい文句」だったアマチュアリズムは後ろに追いやられた格好になり、各国国民が自国選手の勝利で日ごろの鬱憤(うっぷん)を晴らす側面がクローズアップされた。大衆の願望とスポンサー企業の思惑が、がっちりと結びついた。「勇気と感動」などの美辞麗句が氾濫(はんらん)するが、実際には五輪精神の希薄化と「ショー化」が進行した。08年の北京五輪は、戦前のナチス・ドイツによるベルリン大会並みの「国威発揚の場」だったとの声も根強い。

 一方で、競技種目は依然として欧米起源のものが圧倒的に多い。近代オリンピックが欧米列強の帝国主義最盛期だった19世紀に始まったので、ある程度は仕方ないにしても、国際スポーツ界では今もなお、欧米中心主義が健在だ。個別の競技で日本などアジア系選手が活躍をみせると、ルールを改正するなどの現象も、しばしばみられる。(編集担当:如月隼人)
プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。