FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酸性雨でがんになる!…噂の連鎖反応で“パニック状態”=中国



中国の酸性雨よりも、中国産の毒食品を食べたら確実に癌になります。

実際、日本のがん患者の大半が年収200~300万円のワーキングプアといわれてる人たちです。
彼らは日本産の安全な食材を買えずに中国産しか口にする事が出来なかったからです。

日本企業の無能な経営陣は日本の工場を閉鎖して日本人の雇用を奪い、目先の利益を求めて中国へ進出して、日本人を全て貧乏にしてしまおうとしています。

そして、貧乏になった日本人は危険な中国産しか食べれなくなり、そして癌になって死滅するしかないのです。

経済がこの体たらくの上に、政治では民主党の中国への日本売り政策。
軍事的には、中国海軍に日本の海を荒らされても、うわべだけの抗議でおしまい。

これが民主政権。


==================記事内容====================

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000019-scn-cn


 「本日から28日まで、強烈な酸性の雨が降る。雨水に触れると、皮膚(ひふ)がんになる可能性がたかい」――。広東省内で22日、こんな噂(うわさ)が飛び交った。専門家は否定したが、インターネットや携帯電話で噂は次から次に広まり、一時はパニック状態になったという。中国新聞社が報じた。

 原因とされたのは、アイスランドの火山噴火。「上空に吹き上げられた火山灰が中国に到達しつつあるが、硫黄(いおう)化合物を多く含むので、強烈な酸性雨をもたらす」、「750年に1度の現象で、雨水に触れると、皮膚がんになる可能性が高い」との噂が急拡大した。

 最初に広めた人物は特定されていないが、インターネットの掲示板には同様の内容の書き込みが延々と続く状態。携帯電話やメールで、知人に知らせる人も多かった。

 広東省韶関市気象台の専門家、張録青氏は取材に対して「最近のデータでも、雨水のpHは5.6以下にはなっておらず、強烈な酸性ではない。風は比較的強く、大気中に酸性物質が停留する状況でもない。28日ごろまで雨は続くが、750年に1度の酸性雨というのは、まったくのデマ」と説明した。

 中国では環境問題に強い不安を感じる人が多いことも、「皮膚がん」の噂が拡大した背景にあると、考えられる。

**********

◆解説◆
pHは、水溶液の酸・アルカリ度を示す指標。中性の場合7で、7未満は酸性、7より大きければアルカリ性。一般に雨水のpHが5.6以下の場合、酸性雨と呼ぶ。酸性雨の最大の原因とされるのは、火力発電所や工場から排出される、二酸化硫黄(亜硫酸ガス)などの硫黄化合物。中国では石炭を燃やす旧式の施設も多く残り、酸性雨の原因物質を特に多く大気中に放出している国のひとつ。(編集担当:如月隼人)

プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。