FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横行する学術論文盗作=信頼回復への動きも―中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090325-00000018-rcdc-cn

笑止!!!

中国毒食品や毒玩具問題で中国が改善の法律を百も千も成立させても、何一つ改善されていない現実を見たら、「学術論文盗作防止」も、全く意味を成さないのは火を見るよりも明らかだ。

盗人根性が染み付いてる中国類人猿を世界に開放してしまったのが全人類の失敗である。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2009年3月24日、環球時報によると、米紙「クリスチャン・サイエンス・モニター」は23日、中国で論文盗作が横行している現状を打破する動きが始まっていると報じた。中国では名門の浙江大学で中国医学の教授による盗作が発覚したばかり。

ある学術サイトの運営者によれば、中国では過去十数年にわたって学術論文の盗作や捏造が後を絶たなかったが、大学は名誉や利益のため、具体的な対策をとらないばかりか、問題を隠蔽してきたという。北京大学で教職に就いていた経験を持つ米イェール大学の生物進化学の専門家は、中国の大学では論文の質よりも量を重視するため、盗作や捏造が横行していると指摘。その現状を「指導教官が盗作のテクニックを学生に教えているようなものだ」と表現した。また、北京理工大学の経済学者は「中国では腐敗や欺きは普遍的で、論文盗作は現代社会を反映しているに過ぎない」と話す。

【その他の写真】

中国の学術界に対する信頼低化も深刻になっている。アメリカの一部の専門家の間では、「データに信頼性がない」として中国から送られてきた論文の審査を断るケースが増えているという。また、海外の大学や研究機関への学生の推薦書も信頼できないとする専門家も増えており、多くは「推薦書は学生が自分で書き、指導教官はただサインをするだけだからだ」という。

こうした背景のもと、中国の学術界に対する信頼を回復しようとする動きが出ている。論文盗作の探知プログラムが、1000社を超える中国の科学専門出版社で08年12月から使用されているほか、先日には中国国内の大学200校で同プログラムが試験的に使われている。政府教育部もこのほど各大学に向けて論文の盗作や捏造の打破を求める通達を出し、発覚した場合にはこれまでの警告処分から法的措置をとるよう求めている。(翻訳・編集/岡田)


テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。