FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏TV局、中国系食品産業は「不潔」と報道=華人社会は不公正と反発―中国メディア

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090325-00000013-rcdc-cn


日本人の中国類人猿に対する差別意識の中に「上下(カミシモ)の区別」というのがある。
要するに、下(シモ)で雑巾とかを洗ったバケツで食品などは洗わないという区別だ。
そもそも中国類人猿にはカミシモの区別すらないのは、昔から言い伝えられてきた事実である。

中国のレストランで働いてるのは紛れも無く中国類人猿なのだ。
カミシモの区別も出来ない中国類人猿が料理を作り販売している。

この現実は、天洋食品工場でも同様であり他の中国食品工場でも全く違いは無い。

毒は勿論、その以前の衛生面にも決定的な国民性の問題があることを知って、日本の消費者は中国産の食品には努々手を出さぬように!と願うばかりである。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2009年3月19日、仏テレビ局・France2は仏国内の中華レストラン、食品店の衛生環境が劣悪であるとのニュースを報じた。20日、在仏中国大使館に外食産業代表、華人社会代表らが集まり、同テレビ局への抗議を表明した。24日、中国新聞社が報じた。

19日夜、France2の番組・Envaye Specialは中華レストラン、テイクアウト店、地下食品加工小工房の衛生環境を報じた。サンプル調査によると、80%の食品が衛生基準に達していないという。

【その他の写真】

在仏中国大使館に集まった関係者らは、報道は公平性を欠いたものであり、中国外食産業のイメージを傷つけ経済危機で苦しむ業界に更なる打撃を与えるものになると批判、2分間の関係者の反論を4日以内に放送するよう求めている。要求が受け入れられなかった場合には裁判に訴えるもようだ。関係者らによると、France2は4年前にも中国人による地下食品小工房に関する報道を行っており、中国系外食産業全体に大きなマイナスイメージを植え付けたという。(翻訳・編集/KT)




テーマ : 中国毒食品(食べたら死ぬで!)
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。