FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<続報>政府は「ネットの自由」の敵!YouTubeアクセス禁止に高まる批判―中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090327-00000009-rcdc-cn


これほどまでに身勝手な中国を擁護・支持してる人たちの見識が大いに疑われてしまう。

恥ずかしくないのか!
中国好きの極左人間!!!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2009年3月26日、大手動画共有サイトYouTubeが中国国内からアクセス不能となって3日目を迎えた。中国政府がアクセス禁止処分を加えた原因とみられる昨年3月のチベット暴動の動画には、一部1988年の映像が加わっていることが明らかとなった。米ラジオ局・ボイスオブアメリカが伝えた。

問題の動画は7分超にわたり、チベット人男性が暴行を受け死亡する姿などを収録している。中国政府は問題の動画はチベット亡命政府が、異なる場所で撮影された動画を編集した「ねつ造」であると主張している。著名なチベット人作家・ウーセルさんは7分間の動画のほとんどは昨年3月のものと主張、ただし一部分は1988年の映像であると指摘した。

【その他の写真】

中国政府は否定しているものの、アクセス禁止は中国政府によるものとみられており、こうした対応に批判が集まっている。中国の評論家・朱建国(ジュウ・ジエングゥオ)氏は「2008年には空前の数と規模の暴動事件が発生したが、ほとんどは官僚の不適切な対応が原因」であると指摘、真実が知られないようにネットを封殺しても、事態は悪化するばかりだと批判した。中国のネットユーザーからも「あまりにせこせこした行為。中国のイメージを傷つけるだけだ」「いつの時代の話だろう?笑い話に過ぎない」などと批判が寄せられている。

香港紙・アップルデイリーは李平のコラムを掲載、「北京政府は再びネットの自由の敵としての本性を現した」と批判した。ただしネットの世界は政府の意のままにコントロールできるようなものではなく、中国のネット検閲設備「金盾」も「長城」も簡単に回避可能なため、「中国政府のやり口はあまりに単純だ」と皮肉っている。(翻訳・編集/KT)






テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。