FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<中華経済>不振の不動産業、幹部報酬の大幅増に批判―中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090331-00000002-rcdc-cn


極左の人間は「中国は完全に開放された民主的な国になった!」と言ってるが、実際は全ての業種の企業家や経営幹部は中国共産党員が牛耳ってる事は想像に容易だ。

どんなに業績が落ちても、報酬を貪る中国共産党幹部の浅ましい姿を見て中国共産党員しのものの見苦しい資質を全ての中国の人民は怒るべきだ。

中国に投資したり支援する事は、こう言う浅ましい中国共産党員の私腹を肥やすだけ!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2009年3月30日、30日付北京晨報によると、29日までに08年通期決算を発表した中国国内株式市場に上場する不動産企業26社のうち、幹部の報酬が前年より増えた企業が17社あったことが分かった。平均増加幅は前年比163%に達する。低迷する業界のてこ入れを政府に訴える一方で、自身の報酬はしたたかに確保するといった不動産経営者の姿勢に、国内メディアから批判が上がっている。

中でも華遠地産の任志強董事長は、08年度の報酬が774万3000元に達し、26社の中でトップ。華遠地産の年次報告書によれば、774万3000元のうち297万0500元が給料で、残りは同年の業績に基づいたボーナスとされる。同社は任董事長の報酬は会社の規定に基づいたものだと説明しているが、任董事長も不動産業の支援を求める1人であるだけに、この矛盾を非難する声が大きい。

幹部の報酬が前年より減った企業は6社あった。業界最大手の万科企業の王石主席は報酬を前年より64%カット。SOHO中国の潘石屹主席も同年の報酬を半分に減らし、足元の不動産市況に対応する姿勢を示した。(翻訳・編集/HI)




テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。