FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭い、パイロットの裁量権=中国空軍の特徴を分析―米軍準機関紙

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090331-00000004-rcdc-cn

裁量が狭いのではなく、能力が低すぎるのだ。
中国のパイロットの技術は、米軍はもとより航空自衛隊の足元にも及ばないのは衆知。

たとえ中国空軍が、近代的な装備を整えても戦闘機の性能を100%発揮できる技術が中国空軍のパイロットには無いのだそうだ。

例えるのなら、我々一般人がF-1カーを運転は出来ても、レースでは絶対に勝てないのと同じと考えていい。
要するに、技術が無いから勝てないのは言うまでも無いのだ。

この記事による「裁量権」以前の問題で、決められた飛行コースしか飛ぶことが出来ないと小生は読んだ。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆記事内容☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



2009年3月28日、中国青年報によると、米軍の準機関紙「星条旗(Stars And Stripes)」は24日、中国空軍研究の第一人者、ケネス・アレン氏とのインタビュー記事を掲載、文化や習慣における中国、米国両空軍の違いを紹介した。

アレン氏によれば、中国空軍パイロットの任務遂行における操作や判断はすべて、司令官が指示を出すことになっており、彼らの裁量権は米軍の新米パイロットより制限されている。また、中国の軍用機のほとんどが手作業で組み立てられるため、パイロットはすべての部品や装備について、説明書なしで学ばなければならないという。同氏は、中国空軍はこれまで優秀な高校生の中からパイロットとなる人材を集めてきたが、その対象を大学生へと転換し始めたと紹介。士官学校で特に優秀な成績を収めた者はパイロットにならず、教官として士官学校に残ることになるとも述べた。

【その他の写真】

同氏はさらに、中国の空軍士官のほとんどが自動車運転免許を持っていない、昼寝を絶対に欠かさない、高級幹部は軍区の宿舎に退役後も住み続けられる、などユニークな点も紹介した。(翻訳・編集/津野尾)






テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

China Free Furufuru (impressed2008)

Author:China Free Furufuru (impressed2008)
【说假话的人中国人讨厌】

媚親中派の売国奴達は「中国経済が崩壊したら中国人が難民となって日本に押し寄せてくる!そうなったら大変なので中国を支えなければならないのだ!」と言ってますが、マジでそう思ってるとしたら相当なバカです。

中国から何億人もの難民が飛行機で飛んで来るの?
それとも、客船で?
では、東シナ海を泳いで来るとでも?

そんなバカなことを危惧してるのはエリート官僚や経済人です。
要するに東大法学部を卒業していてもその程度の思考しかないのです。

小生も仕事柄、今まで沢山の東大(または国立大学)法学部出身の上司に仕えてまいしりましたが、記憶力は確かに天下一品ですが、思考力と応用力は同志社大学の学生の方が格段に秀でていると確信しています。^^

頭の悪い東大法学部の言葉を信じては国が滅びます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
猫の時計

powered by ブログパーツの森
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。